« たまゆら~もあぐれっしぶ~・第7話 | Start | 恋愛ラボ・第7話 »

銀の匙 Silver Spoon・第6話

八軒、豚丼が大きくなってもう可愛いとか言う段階じゃないなとか言いつつ、やっぱり情を持ってしまっている。そんな事だとこの先辛い日が待っているだろうにと思う御影アキ。

実家から夏休みは札幌に帰って来るのかと言うメールが届くが、八軒は帰る気にはならない。ネガティブな要請もさる事ながら人が居なくなった静かな寮で勉強して飼育にも励む、ちょっとは前向きな理由もあった。

と思いきや、7月25日から8月16日は回収の為に寮が閉鎖だそうだ。いきなり居場所を失う八軒。何となく八軒の様子を伺っていたのか御影は夏休みの寮が閉まっている間、家に来ないかと誘う。両親も居ないし。いや、勿論ここで期待しちゃいけないw

御影の父がヘルニアで入院するのに母も付き添うのでバイトしないかと言う話だ。断る理由もないしどちらかと言うと渡りに船なので八軒は御影家へ。当日迎えに来たのは御影の祖父で、実家には曾祖母が109歳で健在。御影の父親は八軒を威嚇するが、母と祖母は八軒が会社員の家の次男と聞いて婿候補として写ったらしい。夕食の時の家族構成からどうもアキは一人っ子みたいだから。
参考資料

夏休みは家に帰らないと言うのをメールで送ろうとした八軒だったが、御影家は圏外。十勝平野って本当にそうなの?北海道で随分山奥(ホントに山奥)に車を走らせた事があったが、ドコモは全然平気だった。道路沿いと言うのがかえって大丈夫なんだろうか。

なんとか電波を受信できないかと試す八軒だが、そうやって手を止めていると御影家のみんなからさぼっちゃダメ、バイト代払わないよと怒られる。まあ当然か。アキの学校の友達だからって甘やかせない。

でも御影は八軒が未だに家に連絡を入れていないのを気にかける。ここでうっかり駒場の家ならちょっと高いからあそこなら入るかも、家の十字路を行って1軒目とか言ってしまう。これは絶対落とし穴だとは思った。北海道で1軒目とか、どれだけ離れているか。

搾乳時間まで1時間あると聞いた八軒はじゃあ駒場の家に行ってみようと歩き出した。しかし戻る筈の17:30を過ぎても辿り着けない。いやあ、距離の分からない場所に行く時は、全体時間の半分が過ぎたら戻るのが鉄則でしょ。周りは暗くなるし。でも十勝の夏に17:36であんなに暗くなるかな。寮が閉鎖する日が7月25日、今年の根室の暦だと(根室の方が十勝よりずっと東)7月25日でも日没時刻は18:48なんだよね。

サイロの影が見えたから駒場の家かと思って行ってみた所は廃業したぽい農場だった。ヤバイ状況になった所に駒場が通りがかる。八軒、命拾い。

こんな所に来たのは携帯の電波が入るかもと思ったからと聞くと、背の高い駒場が手を伸ばして電波をキャッチ。なんとかメールは送信出来た。
参考資料
とりあえず駒場の家に行って御影の所に時間までに帰れなかったのを謝る電話を入れる。時間になっても八軒が帰って来ないのを御影の家ではみんな心配していた。後から八軒がそんな心配をしてくれるなんてって言ってたが、八軒の実家、どう言う状況なのか。

駒場の家は零細な酪農家で父親は既に亡く、母親・一郎・双子の妹の家族総出で営んでいた。八軒だって分かってはいるが言わずには居られなかった。こんな状況で酪農するなんてと。駒場は甲子園に行ってスカウトされて、そのお金を元手に経営を立て直すのが人生設計だった。

駒場の所に対してタマコのの所は大規模化して上手く行ってるみたいだ。日本の農業は小規模農家をどうするかだなあ。とりあえず安直なんだが一郎とアキが結婚してひとつの農家になって規模をやや拡張って手はあるんじゃ。隣同士だし。

アキは祖父のトラックで到着。来る時に牽いたと言う鹿を乗せて。御影の所と駒場の所で鹿肉を分け様と言う事になったが、それはとりもなおさずこの鹿を買いたいすると言う事。解体は八軒に任された。未だ学校で習っていないと尻込みする八軒だが、学ぶのは学校だけじゃないだろと御影の祖父。鹿は人間と同じ哺乳類だからなあ。でも意を決して買いたいを始める八軒。御影の祖父にやり方を教えて下さいと。
参考資料

人間が食べ物を摂ると言うのはこう言う事。八軒はその一歩を今回歩んだ。豚丼の時は大丈夫だろうか。御影の祖父はさぼった代償のいじめだって言うけれど、御影家は祖父母・母が八軒を認めつつあるかも。でも農家の規模拡大なら駒場一郎だよw

|

« たまゆら~もあぐれっしぶ~・第7話 | Start | 恋愛ラボ・第7話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/58005331

Folgende Weblogs beziehen sich auf 銀の匙 Silver Spoon・第6話:

« たまゆら~もあぐれっしぶ~・第7話 | Start | 恋愛ラボ・第7話 »