« きんいろモザイク・第8話 | Start | たまゆら~もあぐれっしぶ~・第9話 »

ブラッドラッド・第8話

冬実がどこに拉致されたのか行方を知る為にリズはブラッズの仕掛けた追跡機能の確認に殿堂魔界へ行ったものの、実は殿堂魔界はそこに居る魔族にとっても自由に出入り出来る訳ではなかったらしい。入口で留められて困惑するリズに対してべロス巡査がリズを中に入れる代わりにブラッズに会わせろと言う。新キャラだったんだな。ベルのコスプレに見えたよw
参考資料

ベロスはブラッズを殿堂魔界の王、ウルフダディの所に連行するのだという。ウルフダディって、あの西魔界のウルフの一族か?まさかウルフの父とか言わないよな(をい)。リズが言うにはそのウルフダディはリズやスタズの両親を殺したヤツらしい。

ベロスが踏み込んで来て、ブラッズに首輪をかけて連行。ブラッズは割合おとなしくベロスに連れて行かれた。でもブラッズが居なくなったら冬実の追跡はどうなるの?と思ったらリズでも追跡装置が使えた。なのに、冬実の場所がはっきり見えない。

スタズは自力で探す事になるが、南魔界でぼこったサバ夫からうちのボスなら知っているかもと、ボスの雪男に引き合わせる。何でも知っている雪男はこいつはハイドラ・ネルだと言う。ハイドラって、ベルの一族かよ。だから空間魔法使えたんだ。

ネルが冬実を空間の中に閉じこめているせいでリズの見ている追跡装置にも出てこない。ところがネルはヘマをして、妥協ラーメンを冬実にもとか情けをかけたせいで、ラーメンは妥協してもどんぶりは妥協していないから返せと言われたおやじの剣幕に押されて冬実の空間から取り戻そうとしたのに冬実が捕まってちょっとだけ外へ。そこであのベルのベルを鳴らした。
参考資料

この瞬間をリズの追跡装置も捉えてスタズに報告、そしてベルも呼ばれたのを感知して急行。ベルの方が空間移動で先に到着したが、ネルはベルの弟だったのか。ベルが黒幕は誰だと迫るとこれは依頼じゃなくて、お使い、即ちベル達の母親の命令なのだと言う。母親と分かって顔色を変えるベル。なんだ、そんなに母が怖いのか。そして丁度そこに到着したスタズに対して冬実の引き渡しをするどころか、手のひらを返してネルの側に立った。

冬実が必要なら私と戦って勝ってみなと、またも空間に引き込むベル。例によって空間を扱う事でベルは有利に戦うのだが、スタズはこの間までのスタズじゃない。遂にはベルの下半身を魔力で掴まえる。
参考資料
これを無理に脱出したからベルはぱんつとかすっかりその場に残して別空間へ。

残った品物を物色するスタズを見て焦るベルだが、ぱんつが無いだけならそのまま自分の部屋に戻ってはき直せばいいものを未だにここに留まってスタズを相手にしていると言う事はきっとこのぱんつがレア物なのだろうと判断。いや、実はベルは別の品物、日記帳がスタズの手元にあるのを焦っていたのだ。そこにはスタズに惚れたベルの気持ちや計画が綿々と綴られていた。そんなものスタズに見られたらと。

ベルのスタズの気持ちってもう本物になっていたのか。

やむなくベルは降参。それにしてもスタズはベルのぱんつを人質にしなくて良かったなw

さて、ウルフダディはブラッズを、ベルの母は冬実を、各々お望みの様だが、どっちもどんな腹づもりなんだか。

|

« きんいろモザイク・第8話 | Start | たまゆら~もあぐれっしぶ~・第9話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/58083228

Folgende Weblogs beziehen sich auf ブラッドラッド・第8話:

« きんいろモザイク・第8話 | Start | たまゆら~もあぐれっしぶ~・第9話 »