« 銀の匙 Silver Spoon・第8話 | Start | ファンタジスタドールと西武鉄道 »

恋愛ラボ・第9話

サヨが彼氏と一緒にいる所を写真に撮られてそれが風紀の坂上先生の知る所となり、締め上げられた結果、生徒会のみんなに累が及ぶのを恐れて白状した上で自分が生徒会をやめると宣言。

何も知らないマキ達はわくわくしながらサヨが来るのを待っていたが、やって来たサヨは交際バレた、生徒会やめるとだけ告げるが、リコはそれは自分だけが罪を被って済まそうと言う自己犠牲なんじゃないのか!と糾弾しかけて自分の事を思い出して矛先が鈍る。

でもバレてしまったものはしょうがない。そう言って立ち去ろうとするサヨにマキは生徒会をやめるなんてのでいいんですかと問うと、ちょっと間があったがうん、それでいいんだとサヨは答える。

サヨの後を追うエノ。小学校の時の友達アンケートの事を思い出していた。嘘をつかずに仲の良い友達は誰かを書いて下さいねと言うアンケート。

すっげー、嫌なアンケートだな!

その時にエノは表面上の事からサヨを仲の良い友達として書きかけたのを消してしまって、それが時間切れで提出になってしまった。でもサヨはどうやらエノの事を書いていたみたいだったのだ。そんなサヨをひとり放置した様な事をまた繰り返すのは嫌だと。

ナナが撮った写真が発端となったこの件はモモも知る事となり、ナナもこんな事になるなんてとどうしたらよいのか分からない体。生徒会室の前でエノもスズもナナも泣いて途方に暮れているのをリコが出て来てサヨの救出作戦会議に引きずり込む。
参考資料

とにかく写真は撮られ、それは見られてしまった。これはもう否定する事が出来ない。そしてサヨも坂上先生にそれは彼氏だと言ってしまった。これも否定出来ない。ここ迄を否定するとおかしな事になる。だからそれを利用する事を考えようと。幸い顔は暗くて後ろ姿で見えない様だ。

などとするどい分析をするのに、妙な鬘を被って説得力を台無しにするマキ。それに突っ込むリコ。この有様を見てナナは「藤姫様」の幻想が打ち砕かれる。
参考資料
まあ、いいじゃん、ワイルドの君はイメージ崩れてないからw

翌日のサヨの処分検討会議。坂上先生は写真の事をナナに確認する。ナナはそれに間違い無いと言い、そして仲良さそうに「すごくかっこいい男子と話していた」と言い添える。それに驚くサヨなんだが、そこ、驚いちゃ彼氏の立つ瀬が無いんじゃw

しかしこの会議に乱入するをとこありけり。

勿論あのマキオだ。今回は写真に撮られた男子と全く同じ風貌で。実は生徒会に恋愛相談の投書が来ていた。その為に生徒会としては相談に乗ろうとしたのだが、いかんせんこの学校では男女交際が禁じられている。男子の気持ちなんて誰かに聞ける訳がない。だったら男装して男の気持ちになるしかないじゃないか。男装のマキにサヨがつきあってくれた。しかしそれを写真に撮られてしまい、マキの恥ずかしい姿を誤魔化す為にサヨはあれは彼氏だと嘘をついたのだと言う。

突拍子もないかもしれないが、辻褄が合うし、サヨが生徒会をやめさせられるのならそれに加担した生徒会は総辞職すると言うので、坂上先生もこれを認めてサヨの罷免は無しにして生徒会全員に反省文を書かせると言う所に落着した。

自分の為にこんなバカな事をしでかしてくれたものだと喜ぶサヨ。
サヨが笑うのは珍現象w

そしてナナはその珍現象をスクープした。
参考資料
誰も傷つかないって、これ、サヨが傷つくんじゃw

|

« 銀の匙 Silver Spoon・第8話 | Start | ファンタジスタドールと西武鉄道 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/58102880

Folgende Weblogs beziehen sich auf 恋愛ラボ・第9話:

« 銀の匙 Silver Spoon・第8話 | Start | ファンタジスタドールと西武鉄道 »