« 翠星のガルガンティア・第13話・最終回 | Start | 犬とハサミは使いよう・第1話 »

アラタカンガタリ~革神語~・第12話・最終回

門脇と戦うことになる革だが、心構えが全然できていない革じゃ門脇には敵わない。しかもツクヨは防御だけの劍神。革は以前ツツガを降してサニワを持っているが、それも戦いの劍神じゃないし・・・いやあ、確かツツガは妙な形態になって戦ってなかったか?w

押され気味の革を見てヨルナミは心を決めた。私は革に降ると。驚くヨルナミの属鞘達だったが、革に自分を託す事で世の中を変える手伝いをしたいと言うのだ。ここは流石に最終回の見所だったんじゃないかと思う。
ヨルナミ降る

ヨルナミが吸収されると同時に激しい爆発が起きて、ヨルナミの城が吹っ飛ぶ。近くに居た者は一応みんな無事みたいだが、折角の城が台無しだ。そしてそのまままた革と門脇の戦いが継続する。これはちょっと冗長だなあ。大体、折角のヨルナミが降った結果のナキサワがそうは威力を発揮していない。大体、革に降って革の劍神となって門脇と戦うのと、降らないままヨルナミが革に加勢するのと立場的にどれ程の違いがあると言うのだ。

このまままたずるずる戦うのかと思ったら、革が途中で覚醒した。うむ、これがヨルナミが降った成果だと言うのならそれでもいい。ツクヨが力を発揮して周囲の地形まで変えてしまう。
ツクヨ発動

えーと、なんだか禍々しいんですけど・・・

今の自分の力ではこの革には勝てないと悟ったか、門脇は次に会った時は必ず倒すと六ノ鞘の船に帰って行った。随分と都合のいいヤツだな。ともかく革が勝ったと言う事だ。

革が門脇に勝ち、ヨルナミが革に降った以上、ヨルナミ様に我々は従うとヨルナミの属鞘達まで革に降って中に入ってしまった。えええええええw、そんなんでいいのか。十二神鞘って、みんな王国の様な領地を治めてるんだろ。あのヒルコはスズクラを治めていたじゃないか。それを放り出して降るんですか。そりゃちょっとおかしいんじゃ。

ともかく革はこうして都を目指す。六ノ鞘も、五天鞘の中で残ったクグラもヤタカも革とやる気まんまん。革の戦いはこれからだ。


作品の途中までのアニメ化だからこれは仕方ないだろう。上にも書いた様に革にヨルナミが降るのはこの最終回のポイントだとは思うが、それ以外がちょっとどうかねえ。あのスズクラで買ったかんざしを妙なタイミングで革はコトハに渡すし。何もあんな所で渡さなくたって。
革、かんざしをコトハに

この作品のなんだかパッとしなさとか奇妙な空気とかは一体原作のせいなのかアニメ制作陣のせいなのか。

|

« 翠星のガルガンティア・第13話・最終回 | Start | 犬とハサミは使いよう・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/57712197

Folgende Weblogs beziehen sich auf アラタカンガタリ~革神語~・第12話・最終回:

« 翠星のガルガンティア・第13話・最終回 | Start | 犬とハサミは使いよう・第1話 »