« アラタカンガタリ~革神語~・第12話・最終回 | Start | BROTHERS CONFLICT・第1話 »

犬とハサミは使いよう・第1話

話す犬かと思ったら、どうもあの犬はヒロイン夏野霧姫だけが言葉(意識)を認識出来るらしい。とりあえず、これがアバン。

本が大好きな春海和人。転勤で両親が岡山に引っ越す事になったのに対して、本の為に東京から離れたくないと言って両親が条件とした高校に入学し、アパートでの一人住まいとなった。本に囲まれた生活。
参考資料
しかし木造じゃその状態は危ないぞと思ったが、一応1階だった様だ。ところで、大阪とかは知らないが政令指定都市であろうと地方になると東京との本の入手の差は雲泥の差だ。私も大学までは地方都市だったが、高校の頃は夏休みとかそう言う時は東京の親戚の家に「東京で夏季講習を受ける」との口実で本の買い出しに上京した。和人は「地方だと新刊が手に入るのが遅くなる」と言っていたが、地方の本事情はそんなものじゃない。品揃えが無いんだから。うっかりするとコミックスの新刊が売り切れて手に入らない。政令指定都市の本屋なのに!それが神保町の書泉に行って潤沢なコミックスに衝撃を覚えた。勿論、ハードカバーの専門書の種類に至っては到底地方では見られない様な物が揃っていた。毎日グランデとブックマートをはしごしたw ただ、あの頃は書泉は労働争議がひどくて行ってみたらスト決行中とかよくあってがっかりした日も多かった。

その本好きの和人がある日喫茶店で強盗に撃たれて死亡する。ちょうどその時に居たのが霧姫。撃たれて意識を失う中、和人は叫ぶ。

「読まずに死ねるか!」
そんな本があったねえ・・・読まなかったけどw

しかし目覚めてみたら和人は犬に転生していた。幸い気のよさそうなアフロのペットショップの主人に拾われて介抱されたのだが、いかんせん意志が通じない。普通に犬扱いされる。そりゃそうだろうが、これだけ人間時代の意識がはっきりしてるのなら前足で文字を書くとか出来なかったのか?人間の手・腕の様な動きが難しかろうと、時間をかけたらペットフードをかき集めて「おれ にんげん」程度の文字は書けなかったのか。

文字が読めない状態になって一週間(それだけかよ、不便なのは)。禁断症状が昂進する中でこのペットショップに現れたのはあの霧姫だった。そして犬の和人に話しかける。おまえか、私に話しかけていたのはと。

強引な手段で和人を連れて帰った霧姫だったが、別に救出してくれた訳ではなかった。和人の思考が常に霧姫の頭の中になだれ込んでくる為、うるさくて仕方ないので始末してくれようと言うものだ。ひでえな。つか、そのハサミは断裁分離のクライムエッジかよ。

ところが和人が犬になったきっかけがあの喫茶店での銃撃と知って霧姫の態度が変わる。撃たれた後どうなったのか知らないが、和人のおかげで命が助かったと言う認識は霧姫にあるのだろうか。

ともあれこれから霧姫と和人の共同生活が始まる訳だが、和人の一番最初の要求は渇望していた読書。それじゃと言われて霧姫は書棚を和人に見せる。豪華なんだけど、その形式だとあまり本が所蔵出来ないぞ。そしてそこで和人は霧姫が自分の好きな作家の秋山忍である事を知る。でも知った次の瞬間の台詞が「いいから早く色慾書けよ」かよ。ここで霧姫が怒るのだが、これは単にそんな事を言われて怒っただけなのか、はたまた実はあれが「書けない」状態なのを突かれて怒ったのか。

一緒に暮らしてみて分かったのは霧姫は何でも出来る子だったと言う事だ。唯一の欠点は性格の悪さと平らな胸か(唯一じゃないじゃん)。
参考資料

ある日、和人があの事件のニュースを見ていて「あの日は財布を落として殺されて散々だった」と思ったのを霧姫が聞いて被害者の財布と言うのを探って見る事になる。和人の記憶では自分の部屋は101号室。しかし被害者の部屋は102号室。なにかここに齟齬がある。
参考資料

その秘密を暴く、と言うところで次回へ。
確かに上のキャプを見ると、春海と言うのは102号室になってるし、そこにチラシとかが溜まっている。


霧姫のキャラがなんだか既視感がある。黄昏乙女×アムネジアの庚夕子みたいな感じがするし、胸が平らな感じはオオカミさんと七人の仲間たちの大神涼子みたいだし(亮士の風貌も人間時代の和人にちょっと似てる)、奔放な性格の部分は夏のあらし!の嵐山小夜子の感じがする。いや、別にいいんだけどw
参考資料
でも雰囲気が似てると海外オタから識別できないアニメキャラリストに入れられて、"CUTTER YOMI"とか言われちゃうよw

|

« アラタカンガタリ~革神語~・第12話・最終回 | Start | BROTHERS CONFLICT・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/57712316

Folgende Weblogs beziehen sich auf 犬とハサミは使いよう・第1話:

« アラタカンガタリ~革神語~・第12話・最終回 | Start | BROTHERS CONFLICT・第1話 »