« 君のいる町・第1話 | Start | きんいろモザイク・第2話 »

ファンタジスタドール・第2話

ドールを呼び出す練習をしているうずめ。でも呼び出すだけで疲れたのかと思ったらもう今日だけでこれを何回もやっているらしい。呼び出しだけでもそんなに練習を積まないとならないのか。なんだかちょっともう面倒になって来ている感じもある。

ドールは呼び出されなくてもそこら中で姿を投影する事は可能らしく、しめじに至ってはグラウンドにでっかく映って見せたり。

ちょっとお疲れ気味のうずめに例の友達がまたホラーDVDを無理に貸してくれたり。いや、悪気は無いんだけど。でもうずめは苦手なくせに断れない。あれで感想聞かせてねとかキツイな。

まないにはまたまたカード部に入ってくれと頼まれて、これも断りきれずにもっとよく考えさせてねと返事を先送り。まないと別れるその時に「嘘つき」と言ったのはさららだよね。

ドールが全員集まっている所にジュースの差し入れをと言う気配りをするうずめではあったが、そんなうずめにさららは容赦無い言葉を浴びせた。友人たちにはっきりと言わずに適当な返事をしているのは自分がいい顔したいだけなんじゃないかと。

こうはっきり言われて痛いところを突かれたうずめはさららと口論になる。その上でもう面倒だからカード返したいと。あっさり言っちゃったが、実はそれってドール達には衝撃的な事なんじゃないのか。あんたたちは要らな子って宣言したみたいなものだから。

勢いに任せてカードを返しに行くと言ったうずめはカードを開発した研究所に行くことにした。研究所は川越。これって川越アニメだったのか?w

しかし行った先の研究所の建物は荒れ果てていた。こんな筈じゃないと言うマドレーヌだが、でもこの荒れ方は昨日今日の荒れ方じゃないよ。そのまま奥に進んだうずめはトラップを踏んでしまった。

トラップカード発動。

えええ、予告で見たこのミリタリー系の子達って、トラップカードだったのか。これEDのキャストで分かったのだが、米独仏伊露の欧米軍じゃないかwマスターが見当たらないんだけど、こういう形でカードだけで発動する事も可能なの?

ところが見かけに反してミリタリーカード、意外に弱い。あっと言う間に2人やられちゃった。しかし、流石に連携もよくて逆にうずめのカード4人を次々と倒して行く。外から聞こえる悲鳴に我慢できなくなったさららはとうとう最後に登場した。いや、だから召喚されなくても出られるんじゃん。あの呼び出し練習とは一体何だったのか。

さららはここは任せてあんたは逃げなよと言う。これを影から見ていた変態将軍、このままうずめとさららが決裂するのはまずい事態だと言うが、うずめは逃げなかった。マドレーヌ達のかたきを討つのだと。

いや、マドレーヌ達、死んだ訳じゃないってw

うずめ側はさららを入れても2人。二人になろうと彼我の戦力差は明らかと畳み掛けるミリタリーカードに対してうずめは3人を狭い所に集め、さららがトラップカードをしかけて3人をそれに誘い込んで撃破した。

やったね!

4人を回復させると   はマスター!と喜んで駆け寄って来る。一応、雨降って地固まるってやつですな。変態将軍様からの有難いお言葉です。

そうしてうずめはさららと家に帰って来ると、家の前にはあのまないが。その子誰と言うまないだが、まないには分かっている。

そしてまないはあのカードを取り出した。
えー、やっぱりと言うべきか、まないもカードマスターだったんだ。

|

« 君のいる町・第1話 | Start | きんいろモザイク・第2話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/57798805

Folgende Weblogs beziehen sich auf ファンタジスタドール・第2話:

« 君のいる町・第1話 | Start | きんいろモザイク・第2話 »