« 銀の匙 Silver Spoon・第2話 | Start | サーバント×サービス・第3話 »

恋愛ラボ・第3話

水嶋先輩が狙っているから気が抜けませんと言うマキだが、その様子は間が抜けているw
参考資料
これじゃもう全校生徒に「変な生徒会長」としてすぐに名が轟いてしまうじゃないか。

リコだって水嶋先輩の宣戦布告は気になっていた。だから恋愛研究も出来ないし、生徒会休むと言うリコにマキは強制的に連れて行こうとする。ついでにスズも。ところが、マキはその事を言葉を省略して言うものだから、
マキ「私だってヤリたいんです!」
マキ「毎日してたから寂しくてずっと欲求不満で」

リコ「落ち着け、落ち着いて主語を述べろ」

いや、省略されているのは主語じゃなくて目的語だから、リコ。

そんなマキ達に榎本元生徒会長は無視された恨みも手伝って屋上から罵倒。でもランジェリーって何だ。聞き違いじゃないよね。何だか知らないけど効いてる効いてるなマキを見てその隙に榎本は生徒会室へ。とりあえず生徒会室の鍵は泣き落としで。

そこで重要書類として発見したのはマキによってまとめられた恋愛研究レポート。これは使えるわと抜き出しておく。

翌日、生徒会に行こうとしたリコはマキがふらふらになって倒れるのに遭遇してしまった。生徒会の仕事は大量にあるのに、全部マキにやらせていて、自分は生徒会の仕事は何もしないと言う条件でのうのうとしていた。いや、多分そもそもすぐに何か手伝える訳ではなかった。

だからマキだけに仕事をさせないで誰か戦力になる人間が必要だ。リコはすぐさま守銭奴wの所へ走る。そして会計に戻って来て欲しいと頼むのだが、リコは戻ってもいいが、その時は友人のエノが生徒会長だと言う。それじゃ生徒会長として仕事しているマキの助力を頼むと言う本来の目的から外れてしまう事になり、交渉は決裂。

ありゃ、何だか対立の解消の糸口が見つからないね。

だからその場に榎本が来ても、リコは会長に相応しいのはあんたじゃなくてマキだと高らかに宣言。これではまとまり様がないですぞ。一応榎本だって自分よりもマキが会長に相応しいのは分かっていたが、一人にして助けを求めて来たら補佐をするつもりだった。そこをリコに埋められてしまってどうにもならなくなってしまったのだ。

でも考え直した榎本は委員長会議の席上で資料に混ぜて暴露しようとした恋愛研究レポートを回収しに行ったが、うっかりその前に先生が委員長会議の資料と混ぜてしまって回収失敗。

そんな訳で翌日の委員長会議では各委員長にその恋愛研究レポートが配布されてしまった(混ぜた程度なら榎本が回収した分だけ少ない筈なんだが)。そして出席の委員長からこのレポートは何だ、真木生徒会長はこんな事していたのかと糾弾される。

リコはこれは水嶋や榎本が仕組んだ事だなと怒って、そこにある「会長」とは真木の事ではなく榎本の事だと反論。人望があまり無い榎本だから委員長達もこれは榎本がやった事かと納得しかける。マキは自分のやった事が非難されているから涙目だし、榎本は委員長達から疑われて涙目。リコ、こんな結果で良かったのか?
参考資料
参考資料

さらに冷たい非難に今度はリコは委員長達に怒りを向けた。みんなの為に頑張って来た人間を簡単に嗤うな。大体恋愛にはみんなだって多かれ少なかれ興味があるんだろうがと。ただ、怒鳴るだけじゃその場は収まらないが、策略家水嶋がこれは目安箱に相談を入れた匿名希望の一生徒の為に生徒会で研究した物だと誤魔化し、とりあえず委員長達の理解も得られる。

と言う事で、こんな事件があったおかげでマキ側とエノ側の和解がなって結局榎本が副会長として改めて生徒会に入る事になった。サヨは期待された通りに会計に。

マキはこれでみんなで恋愛研究出来ると言うのだが、そんなのはやらないと言うエノだが、うなじ見せやハンカチ落としの準備をしていたエノに説得力は無かったw

|

« 銀の匙 Silver Spoon・第2話 | Start | サーバント×サービス・第3話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/57830955

Folgende Weblogs beziehen sich auf 恋愛ラボ・第3話:

» (アニメ感想) 恋愛ラボ 第3話 「宣戦布告のサヨとエノ」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
投稿者・ピッコロ 恋愛ラボ 1(完全生産限定版) [Blu-ray](2013/09/20)沼倉愛美、赤崎千夏 他商品詳細を見る リコたちにいやがらせをしていたのは、マキに仕事を取られてしまった“元”生徒会長の榎本結...... [Mehr erfahren]

verlinkt am 24. Juli 13 um 20:44

« 銀の匙 Silver Spoon・第2話 | Start | サーバント×サービス・第3話 »