« ファンタジスタドール・第3話 | Start | ブラッドラッド・第3話 »

きんいろモザイク・第3話

アリス、かわいい。暗い顔していてもかわいいのは反則。
参考資料

今回、アリスが何で物思いに耽っていたのかと言うと、あるばむを見てイギリスの事を思い出していたのだ。忍を追って転校して来たとは言ってもやっぱりホームシックにはなるらしい。それを知って忍が今日から私がアリスのママよ、と言いかけたのに今度は犬のポピーだそうだ。

アルバムの中にもうひとり女の子が写っていた。アリスの友達のカレンだそうだ。ほう、なるほど、これがOPに出て来ている歳納京子みたいな子ですな。父親が日本人でアリスはその人から日本語を習ったと言う。

実籾駅を降りたところで陽子がそう言えば先日この辺で金髪少女を見たよ、そうそう、ちょうどそんな格好の・・ってそれ本人。噂のカレンがやって来た。どうして日本に来たの?とアリスが聞くと、飛行機でとちょっとボケて見せるが(わざとボケたのならもう日本語が堪能だと言う事だw)、長いと言いながら短い話によるとアリスが日本に留学しちゃったのを聞いて、アリスが父に日本てどんな国と聞いたら、はっはっは、ちょっくら住んでみるかと言う事で来てしまった。

それだけで来るのかよ!カレンの父親の九条某ってひょっとして九条公爵家なんじゃないのか?w
参考資料
カレンも小さい。イギリス人、背が低いな(をい

金髪ロングさらさらの子がやって来て忍がカレンにも(;´Д`)ハァハァするのを見て、アリスは内心が穏やかじゃない。カレンの片言の日本語がイイと言えばアリスも無理に片言になってみたり。さよならの時にカレンが忍にチュっとしたら激しく反応しちゃうし。

でもカレンは忍達とはそんな事ですぐに仲良くなれたけど、編入した隣のクラスではちょっと浮いてしまっていた。そりゃヨーロッパってどこ?と聞く忍が入れる高校(をい)の生徒だと英語で話しかけられたらどうしようとかちょっと引いてしまうかもしれない。忍は外国人オーラがビシバシカレンから出ていて、ちょうど鹿の群れの中にライオンがいるみたいだと言う。

言ってて自分で引くなw
参考資料

実は綾も中学時代に転校して来て、すぐにクラスに馴染めなかったタイプだった。ちょっと大人しそうだしね。そこに来たのが元気な陽子で、陽子がぐいぐい引っ張って行くうちに陽子のあとに着いて行く様になった。そんな時代があったんだ。

忍達から励まされているうちにカレンも元気が出て来て、クラスでちょっと思い切ってみると決めた。どうするのかと思ったら、帰りのホームルームで手を挙げて前に出て(前に出たよ)みんなと仲良くなりたいでーす、気軽に話してねと宣言した。やるなあ。

いつ、歳納京子化してもおかしくないなw

|

« ファンタジスタドール・第3話 | Start | ブラッドラッド・第3話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/57851646

Folgende Weblogs beziehen sich auf きんいろモザイク・第3話:

« ファンタジスタドール・第3話 | Start | ブラッドラッド・第3話 »