« 変態王子と笑わない猫。・第10話 | Start | アラタカンガタリ~革神語~・第10話 »

翠星のガルガンティア・第11話

サブタイが恐怖の覇王。でも誰が覇王なのか。クーゲル中佐はそれらしく登場したものの、レドの前では嘗てと同じ様な人類銀河同盟の中佐として喋っている。最後にレドをぎくりとさせる事を言ったが。

フランジの船団に近づいて来た船にストライカーが載っているのを確認したレド。そしてそのストライカーのクーゲル中佐からレドに通信が入った。レドの救難信号は受信していたが、事情によって応答せず、地球の裏側に居た為にここまで来るのに時間がかかったと言う。このあとの会見の時に風土病によって無菌状態のストライカーのコックピットに居ると言って直接会わないのと言い、色々胡散臭い。
参考資料

胡散臭さはクーゲル船団の方に満ちあふれている。統一された服装、統率のとれた行動、奇妙な紋様。何かの宗教集団みたいだ。

レドはクーゲル中佐に呼び出されて原隊復帰と急いで飛び去ってしまう。ヒディアーズが元は人類だったと言うのを知って自分の存在意義に疑問を持っていたところだったから、その居るべき場所を提供してくれるクーゲル中佐の命令は渡りに船だったのだ。

迫って来るクーゲル船団に向けてピニオンは引き上げた武器で威嚇射撃を行うが、おそらくストライカーからのものと思われるビーム砲の反撃を喰らう。武力的にこっちが優位の筈だったのが相手にも強力な兵器があると分かって動揺するが、なあにこっちにはブリキ野郎が・・・居ない。やはりピニオンの宣言は無謀だったな。なんか愛想を尽かされた感じではあったが、メルティはそうでもない事を言っていた。メルティって結構ピニオンの事を気に入ってる?

フランジの船団にクーゲル船団から通信が入る。そちらの代表を送れと。フランジが移行とするも相手が指定して来たのは「霧の海のピニオン」だった。そしてクーゲル船団が迎えの使者として送って来たのはあの大海賊ラケージさん。あのクーゲル船団にラケージは似合わないなと思ったが、そう言えばあれでよく生きていたなと思うのを忘れていたw
参考資料

ラケージ、妙に神妙で、ピニオンをクーゲル船団の部屋に通す。待たされた部屋の中にあったルービックキューブみたいなものに興味を持ったピニオンはいじくり回して形の変形に成功。実はこれはピニオンの技量テストで、ピニオンの技術はストライカーのお眼鏡にかなったのだ。既にロストテクノロジーだった武器まで復活させたと言う噂は聞こえていて、ピニオンを技術将校として迎え入れたいと言う。クーゲル中佐は船団の武装強化をしたかったのだろう。それにはサルベージと武器の修復をする能力を持つピニオンが必要なのだろう。
参考資料

クーゲル船団はフランジ船団に接近し、フランジ船団の接収を開始した。やけにあっさりとフランジはそれを受け入れた様に見えたが、ピニオンの砲撃に対する反撃は見ていたのだろう。武力は相手の方が上だと。フランジの船団の船をバラバラにして適材適所で配置すると言う。クーゲル船団の思想は人類銀河同盟の思想と同じで人間はその能力に応じて役割と報酬が与えられる。だからピニオンが乗り込んだ時に見かけたぱっとしない表情の階級も居るのだろう。

これらが今のレドに受け入れられるのか。そして次の教導対象がガルガンティアと知ったレドに。クーゲル中佐は未だ穏便な言葉(啓蒙活動)を使っているが、ガルガンティア船団に過酷な要求をするんじゃないのか。

|

« 変態王子と笑わない猫。・第10話 | Start | アラタカンガタリ~革神語~・第10話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/57612568

Folgende Weblogs beziehen sich auf 翠星のガルガンティア・第11話:

« 変態王子と笑わない猫。・第10話 | Start | アラタカンガタリ~革神語~・第10話 »