« 翠星のガルガンティア・第11話 | Start | ゆゆ式・第11話 »

アラタカンガタリ~革神語~・第10話

これよりヨルナミの領地。道が分かれていて左に進めばヨルナミの居る所。しかし革は右を選んだ。ヨルナミと言う人間の事をまず知りたいからと。そうですよね、相手を倒す為に行くんじゃないんですからね、と同意するコトハだが、それ以前にいくらヨルナミの領地だからと言ってその本人の所にダイレクトに行こうとするのが分からない。革達の最終目的はツクヨを都のキクリ姫の所に持って行く事なんだから、会わないで済むならヨルナミと遭遇しない方法をとるんじゃないのか。

そうやって右の道を選んで辿り着いた所は天和国随一の商業都市のスズクラだった。ところがこの街に入るのにも出るにも通行税が必要なのだそうだ。所持金ではそれが足りないと言うのにも驚いたが(そんな程度の路銀でどうやって都まで行くつもりなんだか)、こんな都市が商業で繁栄していると言うのも理解しがたい。通商障害がこんなに高い都市がどうやって繁栄するんだ。ありえないだろ。

そんな想像を絶する設定をクリアしてくれたのがスエヒロと言う男。あのいつも革達を見張っていた男だ。通行税は何とかするので彼らの身柄を渡して貰おうと。スズクラの中は繁栄していた。簪を見ていいな欲しいなと言う顔をするコトハ。それを見ていた革。プレゼントしてフラグを立てるイベントになりそうな気がしたけど、少なくとも今回はそう言うのは無かった。

一線を越えた仲なのにw

通行税は働いて身体で返して貰おうと言う事なのだが、人力の石切場とかなかなかハードな所に回されたな、男達は。そこで働いている男の子を発見。産業革命時に炭坑で働く子供、と言う絵そのままの様に。
参考資料

一働きした後、街を見て回る革。ヨルナミの属鞘の治める街を見てヨルナミの事を知ろうと言うのだろう。きっちりついて来たスエヒロにこの街の仕組みを教えて貰った。この街はヨルナミの決めたやり方で動いている。高い評判で仕事をした者だけが金を得る事が出来、その一方で結果を出せない者は貧困にあえぐ。ヨルナミは立派なお方だったと言う。だったと。何しろ今は他国の塩を集めきれなかったと言ってシオツチを罰し、役に立たない人間など必要ないと言って属鞘達が困惑する鞘となってしまったのだから。
参考資料

翌日、あのルカが引いていた荷車が壊れ、周囲から非難される。現場監督は俺の評判を落とす様なお前はもう不要だと言い、これまでの給金はこの荷車の修理費でチャラだと言われる。これにはカナテが切れた。乱闘になりそうな所へスエヒロが現れて喧嘩は御法度だと収める。

ルカの話を聞いてみると、嘗ては表通りで衣服を扱っていた店の子だったが、父親が倒れ、まもなく母親も倒れ、そうなったら店の人間は居なくなってひとりでこうやって働かざるを得なくなったと言う。通行税が払えないからこのスズクラを出て行く事も出来ない。もう生きて行くのも嫌になったと。

革は以前自分もそんな目に遭ったが、どんな事があっても信じてくれると言った母の言葉で希望がわいた、いなくていい人間なんてないんだとルカを励ます。その言葉は陰で聞いていたスエヒロにも届いていた。嘗てヨルナミを襲ったものの、いなくていい人間なんてないと自分を属鞘にしてくれたあのヨルナミを思い出していた。

通行税を払って出られないのなら、実力で外に出してやろうと革達はその夜カンナギも含めて門番を襲撃し、スズクラの外にルカを連れ出す。しかしその前に立ちはだかるスエヒロ。このスエヒロこそがスズクラの街をヨルナミから任されていた属鞘ヒルコだった。

しかしヒルコはこれまで見て来た革の行き方から、革ならば変わってしまったヨルナミを何とかしてくれるだろうと戦わずにその先を託す事にする。十二神鞘達はおかしくなってもその下の属鞘達はみんな正気を保っているみたいだね。勿論、ヨルナミはこの一部始終を見ている訳だが。
参考資料
そしてヒルコはおかしくなったヨルナミに背く。背いてこの街を変えると。

おかしくなっていると言えば、アカチもおかしい。何故あそこまで残虐に人を殺せるのだろうか。そんなアカチに六ノ鞘によって引き合わされた門脇は何が何でも革に勝ちたいから力を貸してくれと頼み込む。そう言う門脇にお前の目は相手に囚われすぎていると、槍を突き立ててえぐってしまうのだが・・・

ここまで代償と憎しみが大きくなった門脇じゃ、あと何話かで革との決着が付くとはとても思えない。革の方もまだカンナギしか仲間に取り込んでいなくて(カンナギはそれを否定するだろうがw)、次回がやっとヨルナミじゃ、都に辿り着くのは今期では無理なんじゃないのか?

俺たちの戦いは始まったばかりだになりそうな予感。

|

« 翠星のガルガンティア・第11話 | Start | ゆゆ式・第11話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/57619612

Folgende Weblogs beziehen sich auf アラタカンガタリ~革神語~・第10話:

« 翠星のガルガンティア・第11話 | Start | ゆゆ式・第11話 »