« はたらく魔王さま!・第9話 | Start | デート・ア・ライブ・第9話の琴里がコーティカルテだった件 »

デート・ア・ライブ・第9話

狂三に喰らわれかけた士道を助けたのは真那。真那はそのまま狂三の首を刎ねて殺してしまう。妹がいくら精霊とは言ってもあんな殺し方をするのを見て驚愕の士道。何度殺してもまた出現して人間に危害を及ぼすので真那はその度に狂三を殺しているのだと言う。でも真那がそんな事に麻痺してしまっていてはならないと士道は言う。

真那は呼び戻されるが、ひとり歩いていた士道に十香と折紙が追いつく。十香に触られそうになってあの狂三を思い出して思わず手を引いてしまった士道。ちょっと一人にしてくれと言って二人と別れる。ところがこのあとほどなくしてまた十香と会うんだよね。なんだかこの辺りは妙な端折り方なんだが。十香が士道の落ち込んでいた気持ちを色々と慰めた上に、最後には狂三だって自分と変わらない。今までは助けてくれる士道が居なかっただけなんだと言ってくれて、士道の気持ちはあっさり立ち直る。まああっさりなんだけど、いつまでもぐちぐちするよりはマシだろう。
参考資料

翌日士道は登校して狂三と会う。あんな事があって士道は今日は学校に来られないだろうと思っていた狂三だったが、士道は立ち直っていた。そして狂三を救う、狂三にはもう人を殺させない、真那には狂三を殺させないと宣言。狂三はそんな事出来るはずがと思いつつ、受け流す。

その狂三の士道に対する回答は学校ごと結界を張り、中の人間を衰弱させると言うもの。そして屋上に士道を呼び出し、朝のあの思い上がった言葉を取り消せと言う。だが士道は全くひるまずに結界を解け、そして朝の言った事は取り消さないと言うので、業を煮やした狂三は今度は空間震を招こうとする。校内の生徒は時間を吸い取られて動けずに避難も出来ないのにここに空間震を食らわせたら全員犠牲になるのは避けられない。

ここで令音のアドバイス。ラタトスクのセンサーは精霊の心理状態を把握しているので今の狂三が動揺しているのが分かったのだ。ならば自分の身体を取引材料にと、士道は空間震を止めなければここから飛び降りるとフェンスに上がり、実際に飛び降りてみせる。これ恐らく自分はあのリセット能力があると言うのが前提だし、また、狂三が放置しないだろうと言うのにも賭けてみたんだろうな。

士道が死んでみせると言ったので空間震も結界も解いた狂三。そして士道が助けてやると言うのに惹かれて手を伸ばすが、その狂三を殺してしまうもうひとりの狂三。その狂三は真那に腕を切り落とされるのだが、私だけは殺させる訳には行かないと言ったので、これが本体か。他の狂三は「1秒ごとに世界線を越えて」連れて来た過去の狂三かな?w
参考資料

時間を操れる本体狂三は強く、真那が敵わない。そして屋上に駆けつけた十香と折紙に対しても他の狂三が大勢立ちはだかって全く敵わない。

士道に加えて真那・十香・折紙の三人を組み伏せてここに空間震を、と狂三が招いた空間震が何かの干渉によって消し飛ばされた。

精霊、コーティカルテ・アパ・ラグランジェス、キタ━━(゚∀゚)━━ !!w
参考資料

いや、どう見たってコーティカルテだろ。
まちがっても琴里とか言わないよな(をい
士道、いつの間に神曲を。

|

« はたらく魔王さま!・第9話 | Start | デート・ア・ライブ・第9話の琴里がコーティカルテだった件 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/57504736

Folgende Weblogs beziehen sich auf デート・ア・ライブ・第9話:

« はたらく魔王さま!・第9話 | Start | デート・ア・ライブ・第9話の琴里がコーティカルテだった件 »