« はたらく魔王さま!・第13話・最終回 | Start | 変態王子と笑わない猫。・第12話・最終回 »

ちはやふる2・第25話・最終回

前回で新がクイーンの詩暢をやぶり、全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会の個人A級の部で優勝。新の凄さを改めて知った千早だったが、今回はその千早から重大な台詞が飛び出した。

「私は一生かるたが好きで、新が好きなんだ」

おいおいおいおいw
千早の事なので、その「好き」どんな程度の「好き」なのかは計り知れないが、少なくとも単純に好きなのはそうなのだろう。そしてそんな雰囲気を恋の歌に敏感な奏は千早の作った歌を見てすぐに分かった。千早には好きな人がいる。そしてそれは太一ではない。

だから太一とふたりの見舞いの帰り道、奏は「むくわれない太一」の背中を無言で叩いて激励するのだ。
参考資料
参考資料
ここ!ここが私が今回の第25話で一番推したい場面。もうね、こみ上げて来ちゃう。
太一だって気づいてない訳じゃないんだ。そんな太一の背中を必死で押す奏。

そして恐ろしい事に工作をして富士崎高校との合宿(合宿ですよ!)には千早と太一をふたりっきりで行かせてしまったw

全国高校選手権大会で団体一位を獲得したとは言っても千早の実力はクイーン詩暢や新には及ばない。もう一段階飛躍するには富士崎の桜沢翠先生の指導が必要だろう。先はまだまだあるのだ。
参考資料

と言う事でちはやふるの第2シーズン終了。
いやあ、良かった。本当に良かったよ、ちはやふる。毎週見応えがあってこれはもう名作の領域だと思う。ストックがあるなら当然第3期やるよね。

それにしても毎回毎回心に残る場面があるんだよね、ちはやふるは。
特にこの第2シーズンで一番印象に残っているのは太一が劣勢でエアコンの効かない部屋で手ぬぐいを持っていなかった時、手をあげようとした瞬間に観戦しているみんなが手ぬぐいを投げ、それよりも先に千早が手渡した場面。あれは凄い絵だった。

第1シーズンは瑞沢高校のかるた部ができあがる迄、そして第2シーズンは全国大会で優勝する迄、これで2クールづつ4クール、即ち1年分やった訳だが全然ダレなかった。続きは嫌でも期待するじゃないか。

|

« はたらく魔王さま!・第13話・最終回 | Start | 変態王子と笑わない猫。・第12話・最終回 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/57690858

Folgende Weblogs beziehen sich auf ちはやふる2・第25話・最終回:

» ちはやふる2 第25話(終) 『ふじのたかねにゆきはふりつつ』 ちはやと新ってやっぱり両想いなのか、太一...ガンバレ。 [こいさんの放送中アニメの感想]
一生かるたが好きで、新が好き。おおおおおおおお!!色恋沙汰に疎い無駄美人が好きって自覚した!まあ恋愛的な好きかどうかは正直微妙。しかし浮いた話の無いちはやにとっては大きな第一歩かもしれない。 それと同じくらい重要なのが等の新の気持ちなんですが、こちらも好きっぽいですね。いつもニコニコ眼鏡である新、その理由はかるたが一番楽しかった情景を思い浮かべているから。爺ちゃんの教えを守っている訳です。そんでもって一番かるたが楽しかったのはちはやとボロアパートで初対戦した... [Mehr erfahren]

verlinkt am 30. Juni 13 um 15:30

» ちはやの2期目 [笑う社会人の生活]
アニメ「ちはやふる」シーズン2を見ました。 日テレにて 金曜 深夜にやってました 2期目となる ちはやふる 1期も非常に良かったですが・・・ 今回もクオリティは下げず 青春、スポ根的 面白さが光ってますね 今回は大会がメインとなり 試合の駆け引き、対決のハラハ...... [Mehr erfahren]

verlinkt am 11. Juli 13 um 17:16

« はたらく魔王さま!・第13話・最終回 | Start | 変態王子と笑わない猫。・第12話・最終回 »