« はたらく魔王さま!・第8話 | Start | 変態王子と笑わない猫。・第7話 »

デート・ア・ライブ・第8話

士道「じゃあ明日10時半に天宮駅の改札前で」
十香「明日10時に駅のパチ公前で待ち合わせだ」
折紙「明日の午前11時、天宮駅前広場の噴水前で待っている」

この三股野郎w

と言っても、折紙の方は士道の都合も聞かずに決めた事なので「十香ともう約束がある」と断っても、へそは曲げるかもしれないが、理屈は通るんじゃないのか。十香の方は士道が自分で承諾したものだし、断って気分を害すると何が起きるか分からないので仕方ないと言えば仕方ないが。三股が二股なら未だあまり酷い状況にはならなかったろう。

いや、こんなに文句を付けるのも、待たされる三人が各々可愛そうだからだよ。

それにしても十香が士道をデートに誘う方法って。
参考資料
これじゃ分かった分かったって言うしかないよなw

最初に会った十香とは水族館に一緒に行き、トイレに行っているフリをして次は狂三の所へ走る。デートとしてどこに行こうかと三択発生。って、事前に決めて無かったのかよ。狂三とのデートはラタトスクの計画だったんだろうに。先日のぱんつ見せろ要求に応えたと言う事で、ランジェリーショップが選ばれる。それにちゃんと乗ってくる狂三。

士道にどっちがいい?と聞く狂三にラタトスクからの指令はもっと露出のある黒いヤツと言う事になった。外で一人待たされる士道には重ね重ねの試練。

まあ試着した以上は見せるよねw
参考資料
ところがそれを例の三人組(あい・まい・みー って言うのかw)に見咎められる。
まじ引くわー。今回程この台詞が合ってる時もあるまい。

丁度時間切れで、士道はトイレに行くふりをしてまたも脱出。今度は折紙の所へ。折紙、一時間前に来て置いて、鳩が頭や肩に乗る程なのに待ってないとか。折紙らしいなあ。

そして映画館の予約をしてある上に、その前に食事をしておこうとレストランに入った。
すると一時間も待たされていた十香が水族館から出て街の中へ。
ほらね、一時間も待たすなんて酷いよ。十香は怒らなかったけど。

その後も入れ替わり立ち替わり。よくもまあ誤魔化していられたが、そのうちに十香と折紙がばったり出会う。両方とも士道とデートのつもりなのに相手もそうだと言うし、しかも今そこに士道は居ない。これはひょっとしてと士道を探す事になる。

一方、ひとりになっていた狂三は不良青年達が猫を標的に遊んでいたのを見て、仲間にいれろとちょっかいを出し始めた。勿論、仲間に入れろとは自分にもお前達を撃たせろと言う意味だった。

士道が狂三を探して林の中に入って見つけたのは血糊の後。そして最後の男を銃撃する場面。その場からの脱出を琴里は命令するが、狂三のあの手に士道は捕まり、ちょっと予定よりは早いけれども士道さんをいただいちゃいましょうと言う狂三が迫る。
参考資料


その狂三をぶっ飛ばしたのはまたも真那。
ただ、前回も狂三を撃ち殺した筈が何ともなかったからなあ。

|

« はたらく魔王さま!・第8話 | Start | 変態王子と笑わない猫。・第7話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/57458319

Folgende Weblogs beziehen sich auf デート・ア・ライブ・第8話:

« はたらく魔王さま!・第8話 | Start | 変態王子と笑わない猫。・第7話 »