« デート・ア・ライブ・第8話 | Start | 翠星のガルガンティア・第8話 »

変態王子と笑わない猫。・第7話

「こんな世界なんて無くなってしまえばいい!」
と、つくしが願ってしまった為に吹っ飛ぶ土蔵。外は近づいていた台風のせいで大嵐で陽人もつくしもすっかり濡れてしまった。土蔵が吹っ飛んでも二人は無事だった。とは言え、一体陽人の所でつくしはナニをしていたのかと梓が追及すると、気にするな、あれは事故だと。いや、それかえって何かあったって言ってるに等しいから。

夜が明けても嵐は激しいまま。そんな訳で学校に行く事も出来ずこのまま筒隠家に梓も留まる事になる。とりあえず始業式に行けない事を梓は自宅に電話したいから、電話を貸してくれと。梓は携帯持っていた筈じゃと思ったが、これは後からその携帯が通じなかったからきっと電波状態が悪くてダメで、だから固定電話からかけようとしたと言うのが分かる。これはまあいい。

でも時間軸的には妙だ。陽人がお願いしちゃって梓を沖縄から呼び寄せて何日か経っちゃったと言う事だろうか。あれからまだ一晩しか経ってないなら、始業式も何も、未だ沖縄から帰って来てない予定なんじゃないのか。しかも沖縄から消えたままだと失踪状態で騒ぎになっちゃう。無理に解釈すると、梓からあの二人に電話を入れて、何か理由をつけて(陽人に会いたくて我慢出来なくなったと言うのが一番説得力があるが、そんな事言えるかどうかw)先に返った事にして、自宅にはこれまた何か理由をつけて筒隠家に居る事にしてる、それだけの時間があった、と言う事だろうか。

ところが事態は生やさしい事になっていない。固定電話でも外に通じない。天気予報を見ようとしてテレビをつけても何もうつらない。あの世界が無くなってしまえばいいと言う願いはまさか世界ごと吹っ飛ばしたとか、そこまで強烈な事になるのか。でも電気来てるよね。

閉じこめられた格好になったので月子はトランプでもやらないかと。4人いるのだから大貧民とかどう?と。えー、4人だったらツー・テン・ジャックでしょ(ブリッジじゃないのかよ)。大貧民なら友達とやった事があると言う梓だが、「友達」とやった事がいかにもなさそうで強がりが可愛いw
参考資料

ところが誘われたつくしがトランプに参加しない。家の中の様子を見てくると言う。つくしが危惧したとおり、この荒天はついに濁流となって筒隠家を襲って来た。以前あった洪水と同じ様に。ところが陽人にはその記憶が欠落している。辛うじて記憶に浮かんだのは筒隠の母の顔?

ともかくこのままでは床上まで浸水する恐れがあるので荷物を二階に運ぼうとしたが、その二階は雨漏りで使えない。避難する先が無いと思われたが、つくしの秘密の部屋の中二階があった。月子ミュージアムがw こんな時は頼りになる陽人、梓や月子も感心するが、つくしにまでフラグが立ってしまった様だ。そのつくしに陽人は世界が無くなってしまえばいいと言う願いをキャンセルするのを頼む。陽人の要望に応えてつくしはキャンセルを祈るがこの暴風雨は全く衰えない。あれ?キャンセルはそう簡単に効かない?いや、陽人が外を見たら土蔵が元の姿に復活している。だからつくしの願いは土蔵の消滅だけで済んで、この暴風雨はもっと別の人の願いなのだろう。

その願いをしたのは月子と読んで、陽人は梓にしばらくつくしを別の部屋に連れ出す様にお願いする。つくしにその話を聞かれるとつくしが傷つくだろうからと。梓、健気で理由を聞いた以上、陽人のそう言う願いをかなえるべくつくしを誘い出す。そして二人だけになった月子に対して陽人はこの状況を望んだのは月子なんだろうと言う。自分を筒隠の家族の様に留めておきたいと言う願いがこれなのかと。陽人はこれで自分が家族になる事は出来ないと言うが、月子はじゃあ恋人にもなれない家族にもなれないどうしてくれるのだと陽人に言う。
参考資料

ここで陽人がなんだかうまく誤魔化すんだよねえ。恋人でも家族でもない、その中間みたいな、永遠じゃないけどそばにはいてあげるんだと。友達以上恋人未満みたいなもんですか。でもそれでとりあえずは月子が納得したのだから。雨が上がったらトランプしようねと言う約束で。

願いがキャンセルされて家も元通り、洪水も無かった事に。
そして二週間。陽人は月子・梓・つくしを家に招くが、先につくしには市役所まで連れて行って、戸籍謄本をみせてやった。未だに信じている「横寺弟」など存在しないと言う事を。

いやあ、でもつくしは根っからの残念気質で、戸籍謄本を見せられてもそうかお前は書類上でも無かった事にされているのかと言い出す。でも自分だけはお前の存在を認めるぞと。つまり月子は横寺兄とつくしは横寺弟と幸せになればいいのだと。つくし、「横寺弟」を好きになっちゃいましたw
参考資料

でもこれを梓に見られる。いやあ、梓、なんでまた市役所なんかに来ていたんだ。
ともかく、あの嵐の晩以来つくしと陽人がただならぬ関係になっていたと思っていたのを決定的に見せられて、泣いて猫像に走る梓。

うわー、梓、猫像に願い事なんかしちゃ大変な事になるってまだ懲りてないのか。

|

« デート・ア・ライブ・第8話 | Start | 翠星のガルガンティア・第8話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/57464542

Folgende Weblogs beziehen sich auf 変態王子と笑わない猫。・第7話:

« デート・ア・ライブ・第8話 | Start | 翠星のガルガンティア・第8話 »