« ゆゆ式・第4話 | Start | RDG レッドデータガール・第5話 »

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。×千葉モノレールのスペシャルコラボラッピングモノレール

今年の3月30日から(6月30日迄)千葉モノレールで俺の妹がこんなに可愛いわけがない。とのスペシャルコラボラッピングモノレールが走ると言うのを聞いてなかなかやるなとは思っていたのですが、そのうちに車内の写真なども掲載され、千葉モノレールの本気度が凄いと分かってこれは是非とも乗りに行こうと思っていました。

そうこうするうちに4月27日からはフリー切符が俺妹デザインになると聞いて、もうこれはゴールデンウィーク中に行かずんばなるまいと決心した訳です。と言う事で、4月29日昭和の日に千葉モノレール遠征に行って来ました。

千葉、思っていたよりも遠い。東京を8:54発の君津行きに乗って9:35に千葉に到着しました。40分もかかるとは。因みに東海道本線だと同じ時刻の電車では大船近く迄行く事になります・・・あれ?鎌倉や藤沢よりは近いのか。

千葉に到着して早速千葉モノレールの駅で俺妹フリーパスを購入。ガイドマップも一緒にくれます。
参考資料
これは俄然盛り上がりますね。
ちなみに600円なので、何度も何度も乗車して写真を撮ると言うのをやるととてもお得です。

時刻表を見ると俺妹号は千城台から千葉みなとに向かって走行中で、今ならスポーツセンター駅迄行けばお出迎えが出来そうです。さっそく千城台行きに乗ります。日曜の朝なので下りは空いてるかと思ったら、座れない程に混んでいました。

スポーツセンター駅で千葉みなと行きをお出迎え。
こちらは黒猫サイドになります。

乗車すると噂には聞いていましたが中も俺妹で埋め尽くされています。さっそく写真を・・・とは行かなくて、何しろ上りも混んでいます。一般乗車客の迷惑にならない様に大人しく立っていますが、

ニヤニヤが止まりませんw

このまま千葉みなと迄行って、下車してすぐに交差点の方に行きました。カーブする場面があるので収めようとしたのですが、懸垂式モノレールって静かですねえ。周囲を走っている自動車の方が遙かにうるさい。交差点でさあカメラを構えようかと思ったら既に音もなく近づいて来ていました。

千城台・千葉みなとの路線は休日日中は12分間隔なのですぐに千葉みなと駅に戻り、俺妹号の後続に乗ります。今度は都賀駅まで行って、千葉モノレールの撮影ポイントとして一番有名な地点で俺妹号を待ちました。陸橋には既に他の撮影者がw しばらく待つと、千城台発千葉みなと行きの俺妹号が来ました。
ここも黒猫サイド。

二兎を追う者は一兎をも得ずと申しましょうか、ビデオカメラとデジカメ両方を構えていたらどちらも中途半端な絵になってしまいました。
参考資料

都賀駅に戻ってまたも俺妹号の後続に乗ります。スポーツセンター駅迄行って、俺妹号を待ちました。
今度はきりりん氏サイド。

何を思ったのか、おばちゃんが2両編成のモノレールが止まらないホームの端でモノレールを待っていて、入線したらカメラの前を横切ってモノレールに近づいてくれました。
でもどこかの撮り鉄じゃないので怒号なんて飛ばしませんw

そして今度はそのまま終点千城台に向かいます。千城台の折り返しなら乗客は相当少ないんじゃないか、少なければ車内が撮れるんじゃないかと言う目論見です。

期待通り、千城台始発で乗り込んで来た人は少なかったのでその隙に車内を撮ります。
いいですなあ、気合い入ってますなあ、千葉モノレール。
参考資料
参考資料
参考資料
参考資料
参考資料

車内は広告も釣り手も全部俺妹デザインになっています。写真では撮りきれないので、ビデオでざっとご覧下さい。

千城台では俺妹号を見送って、ここで昼食を摂る事にしました。駅前に巨大な長崎屋が見えたからですが、行ってみて驚いたのは偏食の私が食べられる店がありませんw
パスタの店もありましたが、外に出ているメニューは何故か海産物のばかり。
水棲生物の死骸など(ry

1階に漸くフードコーナーみたいなのを発見してラーメンを食べました。
残念な事に分煙が全くされていなくて、それどころかテーブル単位の喫煙率が50%超と言う、ちょっと昨今考えられないコーナーでしたが。

千城台ではもうひとつ、モノレールの車窓から発見したある物を撮影に歩いて行きました。それは別記事で。

今度は俺妹号の一つ前のモノレールに乗ります。一足先に市役所前に到着する為です。
市役所前ではもうひとつの撮影名所である歩道橋で俺妹号を待ちます。1本後から到着の俺妹号。
ここも黒猫サイドですね。
参考資料
ちょっとシャッタータイミングが遅れました・・・

今度は歩道橋反対側に廻ってきりりん氏サイドを待ち構えます。千葉みなと折り返しなのであまり待ちません。
参考資料
またシャッタータイミングが、今度は早すぎ・・・

この後は千葉公園まで行って舞台探訪をし、池越しに俺妹号を見送って、後続便で千葉駅まで戻りました。
(だから後続便に一番沢山乗ったw)

反対側のホームに行って帰る直前の俺妹号撮影に入ります。
入り・・・
あれ?
私を呼ばわる人ありけり。
なんと、友人も俺妹号の撮影に来ていましたw
やはりこれで東京方面に帰るとの事で本日我々にとって最後の俺妹号の勇姿を撮影。


朝からの撮影であっと言う間に6時間程経っていましたが、全然そんなに居た気持ちではありませんでした。もっと居たかったのですが、千葉からの帰宅だとかなり時間がかかるので帰途につきます。それでも冬場と違ってこの季節は返っても明るいのがいいですね。

6月30日迄にもう一回行ってもいいかなと思う位。

今回初めて千葉モノレールに乗りましたが予想以上に混んでました。自治体の援助があったとは言え、黒字化も達成しているとの事で、多摩都市モノレールも同じ様に黒字化したのを見ると、遙か以前から噂だけは出ていた環八を走るエイトライナー構想はモノレールで可能なんじゃないかと思う次第です。


千葉モノレールの撮影ポイントは
Pilgrimage ‐巡礼‐ : 千葉都市モノレールの『俺妹ラッピングモノレール』を撮ろう!
を参考にさせていただきました。
私の友人も同じマップをプリントして持参してましたw

|

« ゆゆ式・第4話 | Start | RDG レッドデータガール・第5話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/57288961

Folgende Weblogs beziehen sich auf 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。×千葉モノレールのスペシャルコラボラッピングモノレール:

« ゆゆ式・第4話 | Start | RDG レッドデータガール・第5話 »