« はたらく魔王さま!・第3話 | Start | 変態王子と笑わない猫。・第2話 »

デート・ア・ライブ・第3話

デートです。精霊十香とデートです。果たして底知れぬ十香の胃袋に士道の財布は耐えられるのか。三石さんのナレーションに事態の深刻さがひしひしと伝わる。

十香、人間の食べ物を食べた事が無いらしい。どうやってエネルギーを得ているのか分からないが、流石精霊だ。食べた事が無いくせにおいしそうと言うのは分かるし、味も分かる。流石精霊だ。あまりのおいしさにこれがデートと言うものかと感激。それは違うと士道。子供がゴミを捨てたのを母親からなでなでされたのを見て、自分も士道になでなでして貰う十香。完全にガキの心境か。この場面、実は燃えるゴミでなくてペットボトルの方に捨てるオチになるんじゃないかと思っていた。たまたま分別ゴミの入れた場所が合ってたんだな。
参考資料

十香の望みはとうとう高そうなレストランに。ひるむ士道。ラタトスクから軍資金を支給して貰っていないのか。と言うか、そうだったな、十香はいきなり出現したんだった。そこで宏人が都合良くお食事券を見知らぬ人から渡されて持って来る。ラタトスク、そこで援助したか。

そのすきに入ってしまった十香。士道も慌てて中に入ってみれば令音が既にもぐりこんでいるではないか。琴里まで。なんだ、そこまで手を回しているのなら、食事券も要らないのに。琴里は士道にここを出たら駅の南側に行けと言う。そこには住宅街しかなかった筈だが・・・ラタトスクが即席で商店街を造ってしまった。そんな仕組みいつ作った。あれか、空間震からの避難用の装置の応用か。

おめでとうございます!
お二人は当商店街十万人目のお客様です!

と言う訳で、飲み食い全てタダ。心おきなく遊んでくれと言うラタトスクの演出だ。令音があちらも動いてるが大丈夫かと言うが、この後の様子もそう合わせてラタトスクと折紙所属のASTとは別組織らしい。そして全く協調していないばかりか、方向性も異なる様だ。見張っていた折紙がラタトスクの妨害で通信が遮断される。

福引きで金色の玉を出してドリームパークご招待券の大当たり。すぐ行け、今行けと言う事で行ってみた所にあったドリームパークとは、ラブホw
参考資料

ここはまずい。未成年だからまずいと、士道は入ってみたがった十香を他の場所へ引っ張って行く。雨にも降られて二人はゲーセンへ。キャッチャーでうまくお目当ての物をつかめない十香は苛つくが、それならと士道は十香と一緒にクレーンを操作して一発必中を目指す。見事に釣れて落とし口まで持ってこられたものの、ひっかかって落ちて来なかった。せっかく二人が協力したのにと未練が残る十香。あそこでてっきり十香の特別な力で落とすんじゃないか、それが何かの発動になるんじゃないかと思ったら、そう言う訳ではなかったね。

今日は楽しかったなと言う十香。夕やけの丘の上で結局デートってこう言うものなのかと嬉しそうに噛み跡だらけのぬいぐるみを抱きかかえる十香。人間の世界と言うのはこんなにもいいものなのか。それを出現の度に吐かしていた自分が何をしていたのか漸く十香は理解出来た。自分の出現がこの世界を壊してしまうのなら、自分は消えて無くなってしまった方がいいとまで。しかし士道は他の誰がどう思おうと、自分は絶対に十香を否定しないと強く訴える。精霊十香、やっとイイ具合にデレて来たところだったのだが・・

それを見張っていたのはASTだった。まさかと思われた狙撃許可が下りて、十香を狙っていた折紙が発砲。

しかし、何故かその気配を感じた士道が間一髪で十香を狙撃から守る。
自分を犠牲にして。

あれ?士道、死んじゃったよ。いや、幾ら何でもここで士道が死んじゃ話にならない。
十香は折角自分を受け入れてくれた士道が殺されて怒りが有頂天頂点に達する。
そして誤って士道を撃ち殺した折紙はその場で呆然とするしかない。

アドナイ・メレク→サンダルフォン→ハルヴァンヘレヴと剣を発動させた十香は折紙を見つけて、貴様が我が友士道を殺した張本人かと撃ち続ける。あれだけの強力な攻撃を折紙は防御出来るのか。

その一方でフラクシナスでは琴里が落ち着き払ってそれを見ていた。士道は一度位死んでもニューゲーム出来ると言う。なんだそりゃ、どんな仕組みだ。しかし事実士道は生き返った。

ああ、精霊会議か、相手が精霊だけに(殴

十香が今まさに折紙に最後の打撃を振り下ろさんとした時、士道が生きて降って来る。士道が生きていて喜ぶ十香だが、暴走させてしまったハルヴァンヘレヴが制御出来なくなってしまった。これを防ぐにはもうアレしかないとフラクシナスからの指令が入って士道は十香にキスさせろと。いや、飛んでもない事を言ってしまったとひるがえす士道だが、何をすれば良いのか理解した十香の方から口づけ。

おお、ハルヴァンヘレヴが消滅し、ついでに十香の戦闘服まで消滅した。
参考資料
これが精霊をデレさせると言うものなのか!w

|

« はたらく魔王さま!・第3話 | Start | 変態王子と笑わない猫。・第2話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/57213050

Folgende Weblogs beziehen sich auf デート・ア・ライブ・第3話:

« はたらく魔王さま!・第3話 | Start | 変態王子と笑わない猫。・第2話 »