« 惡の華・第1話 | Start | 波打際のむろみさん・第1話 »

絶対防衛レヴィアタン・第1話

ちょっと方向性がはっきりしない。レヴィアタンを筆頭に今回の3人がパーティーを組むのだろうが、妖精のシロップが訴える世界の危機がレヴィアタンと同じ様に切迫して感じられない。妙な虫が飛んで3人にぶつかったけど、さしあたりそれだけだから。でもあの大きさの固そうなのが飛んで来てぶつかったら痛いだけじゃ済まないんじゃ。
参考資料
参考資料
参考資料

ともあれあの虫のおかげで水使いのレヴィアタンと炎使いのバハムートと力持ちのヨルムンガンドが出会う。その3人の能力を見込んでシロップが世界を救う為に手を貸して欲しいと言う。世界を救う能力者ってもっと他に居ないのか。この3人でいいのか、シロップ。

それにしてもレヴィアタン、父親が居た時はもっと上手く水を操れたみたいなのに、腕が落ちちゃってるね。

|

« 惡の華・第1話 | Start | 波打際のむろみさん・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/57127180

Folgende Weblogs beziehen sich auf 絶対防衛レヴィアタン・第1話:

« 惡の華・第1話 | Start | 波打際のむろみさん・第1話 »