« はたらく魔王さま!・第1話 | Start | DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION・第1話 »

デート・ア・ライブ・第1話

妹は単なるぱんつ要員ではなかった。
参考資料

空間震の原因となる精霊を討伐するラタトスク機関の司令官だった。いや、なんでこいつが司令官になれるの。士道は是非そこにつっこんで欲しかったよ。いや、場面的には精霊だの空飛ぶ女の子だの空中基地だの大変な事が山の様にあったのは分かるが、それらは「はあそうですね、それは設定ですね」で済むが、社会組織と言う部分については設定では済ませて欲しくない。

そんな訳で精霊が出現する時に空間震が発生して周囲をぶっ飛ばすとか、ラタトスク機関の空中要塞フラクシナスがステルスして姿を消す様な科学力すげーとか、はいいとして、普通の社会構造に突っ込みを入れたい。

士道達の住んでいる町は空間震によって何年か前に一度ぶっとんだ街なんでしょ?だったらそこから再建している筈なので建物の建築様式が同年代の物でないとおかしいのに、どう見ても昭和の頃のとかが混じってる。

士道が琴里が避難したかどうかを確認する為に携帯のGPSの信号を見て、ファミレスの場所に居る!と走って行ったが、あとから琴里にフラクシナスが丁度ファミレスの上空15,000mだと言うが、いや、それじゃ携帯の電波届かないって!琴里の携帯がGPSをキャッチ出来てもその携帯がどこにあるのかは他の携帯からは分からないでしょうに。
参考資料

そう言うツッコミをしたら負けなのかもしれない。いや、負けじゃない気もするがw

とにかく、精霊に破壊活動を起こさせない為に、士道が精霊をデレさせなくちゃならないらしい。ギャルゲーよろしく。

それにしてもEDのやる気のなさはどうだw
その一方でこんな細かい部分も。
参考資料
参考資料
シェルターの蓋が"OD9"(おだきゅー)ワロタ

でも小田急ロマンスカー10000形(そもそも何でこんな古いのを)の台車ってこうじゃないから。
参考資料
これ、JR東のE233が使っている台車に似てる。でもこの台車は奇妙で、これじゃ軸受けの振動を吸収する部分が無い。これだと走行できないです。

あれ、またツッコミ入れてる。

|

« はたらく魔王さま!・第1話 | Start | DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/57119160

Folgende Weblogs beziehen sich auf デート・ア・ライブ・第1話:

« はたらく魔王さま!・第1話 | Start | DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION・第1話 »