« 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる・第9話 | Start | 琴浦さん・第8話 »

ラブライブ! School idol project・第9話

「前回のラブライブ!」で、絵里と希の事をさりげなく「えりちとウチ」って紹介してたなw

オープンキャンパスでのライブは相応に成功で廃校の決定は先送りになった。ランキングも上昇してとうとう50位に。しかし学院の存続が決まった訳ではなく、もっとランキングを上げて20位以内に入り、ラブライブに参加して学院の存続を目指す。その為にまずはしなくちゃならない事はとにこがみんなにやらせたのは・・・

アイドルになって周囲からの注目に隠れる為のカモフラージュ。いや、もう季節は夏らしいのでその格好はメチャクチャ暑いし、周囲に目立ってるし。多分夏の秋葉原駅前で女子高生がその格好で並んでいたら人が集まって来るだろう。

ところがここで場面が急展開。とあるショップでμ'sのグッズが売られていた。
参考資料
カドゲマの前から随分飛んだなあ。カドゲマ前からそこは400mほどあるので、ここは暑さにやってられなくなってコートとか脱いで中央通りをぶらぶらした、と言う場面がごっそり省略されているらしい。けっしてカドゲマの近くにあのアイドルショップがある訳ではない。

それにしても本人達の知らない所でμ'sがアイドルグッズとなって売られているとか、流石海賊アニメグッズを中央通りの店頭でどうどうと売っているイ○シスのある秋葉原だな。そこ、イ○シスに近いしw

そこに何故かメイド姿のことりの生写真もある。そして聞こえて来たのはことりの声。この店に私の生写真があるらしいが、それは困るから撤去してくれと。

その声に気がついてみんながそちらを見ると、ヤバイと感じたことりがガチャのケースを目にあて、あやしい外人のフリを。凛は騙されても絵里は騙されない。こんな所にことりが!と逃げることりをみんなが追いかける。

ことり、逃げる。中央通りを南下してソフマップ1の所を右折し、とんかつ富貴の前を通過し、最後に通過した脱出ルートは区立外神田住宅と昌平小学校の間だ。
参考資料
※ここは外神田住宅の敷地なので部外者は勝手に入らない様に。ことりの真似しちゃダメよ。

その出口で待ちかまえていた希にとうとうことりは捕まる。聞いてみたらことりはあのA-RISEを見た時に駅前でキュアメイドカフェにスカウトされたらしい。穂乃果や海未と違って何も出来ないと思っていたことりはここで働いてみる事にした。そうしたら、何という事でしょう、3ヶ月かそこらでもう秋葉原で伝説のメイドですよ。ことり、いきなりのぼりつめすぎ。

ことりの事がきっかけでランキング上昇の為に秋葉原で路上ライブをする事になった。A-RISEの本拠地に殴り込みと言うが、それ以上に秋葉原での路上ライブは禁止じゃなかったっけと思ったら、場所はベルサール秋葉原前だった。ああ、ベルばらが場所を提供すると言うのなら1階の敷地内ではありだよね。

それを目指して秋葉原らしい曲の作詞を長年秋葉原でメイドをしていたことりにやらせるのだが(いや、長くて4ヶ月なんじゃ)、これに苦しむことり。いい歌詞が浮かばない。

しかし、キュアメイドカフェで働くことりの姿から、穂乃果はこれだよと言う。メイドカフェで働くことりの素直な気持ちを歌詞に出せばいいじゃないと。

と言う事で完成した新曲をひっさげてベルばら前での路上ライブ。
参考資料
まあここでこれだけやったらいやが上にも目立つよね。もう次回にはランキングが20位以内に入っていてもおかしくない。


それにしても今回は秋葉原の風景が随分出たこと。
そしてことりのバイト先の舞台となったキュアメイドカフェだが、ここでは定期的にアニメ作品などとコラボしたカフェをやっているが、残念ながらラブライブカフェをやったのはもう一ヶ月ほど前。今週は閃乱カグラカフェでした。

これは1月26日に撮ったラブライブカフェの看板。
参考資料

|

« 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる・第9話 | Start | 琴浦さん・第8話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/56888651

Folgende Weblogs beziehen sich auf ラブライブ! School idol project・第9話:

« 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる・第9話 | Start | 琴浦さん・第8話 »