« たまこまーけっと・第11話 | Start | まおゆう魔王勇者・第11話 »

PSYCHO-PASS サイコパス・第22話

狡噛と槙島のナイフ戦は前回同様槙島の方が押している感じだったが狡噛の一撃が槙島に大きな傷を負わせる。これで漸く狡噛が優勢に傾いたかと思われるが、そのまま戦って確実な殺し合いになる前に朱の介入。
参考資料

朱の向けるパラライザーににおとなしく手を挙げた狡噛だが、その間に槙島はその場から逃げ出した模様。まさか狡噛を拘束して一人で槙島を追う気か?と狡噛に問われた朱だが、いくらなんでもそれは無謀と言うもので、パラライザーモードに固定されたドミネーターを渡し、自分が拳銃を持つ。こうして狡噛に槙島を殺させない状況にして狡噛がおかしな事をしたらその拳銃で狡噛の足を狙うと言うのだ。

すっかり成長して強くなった朱に、しかしちょっとはかわいい面を残しておいて欲しかったと。ホントにシビュラシステムと対面後は完全にお強くなりすぎちゃったね。

手負いの槙島を追う朱と狡噛。シリーズ中盤だと血痕が罠だったりするのだが、さすがに今回の槙島は重傷。トレーラーで二人を轢けるかもしれないタイミングを見計らうだけで、それに失敗したら一目散に脱出。ところがこれに朱が飛び乗っていた。拳銃を持っていた朱は前輪を撃ってパンクさせトレーラーは横転。

あの勢いで横転したら生きているのも幸運だったが、朱は動けない状態に。トレーラーから出てきた槙島は、いつもいつも君は僕と狡噛君の戦いを邪魔してくれるねと、始末にかかる。が、空になった銃を捨てて立ち去る槙島は或いは朱の中に自分と同じものを見たのか。

朱に追いついた狡噛は銃に弾を補充して槙島を追う。朱は結局狡噛を止められなかったのだ。
多分槙島は狡噛に撃たれて人生に決着をつけるのに、それなりに満足していたのではないか。
参考資料

シビュラシステムは朱が槙島を捕らえられずに狡噛に殺させてしまった結果には大いに不満だったが、今後も朱を利用する方針に変わりはない。シビュラシステムとしては短期的にシステムの真相を隠蔽するのに成功したが、中長期的にはいづれ民衆に真相を知った上で支持されるのがゴールだと言う。朱は現在の安定した秩序をいきなり崩壊させる訳には行かないので、一旦は受け容れるがいつの日かここの電源を切る日が人類には来るだろうと。

私個人としては以前書いた様にシビュラシステムが他のどんなシステムよりもうまく行ってるのならそれでいいんじゃないかと思う。このやり方で支配されるのが許せなくて人類個々の知性による秩序を朱は望みたい様だが、人類はそんなに集団として賢くないと思う。

さて、狡噛は逃亡し(現下の社会システムでは許されないから)、征陸も縢も死んだ今、一係はすっかり人が居なくなってしまった。宜野座は犯罪係数が100を超えて潜在犯として監禁されるよりも執行官として生きる道を選んだ。三人だけになった一係に新人の監視官が着任。前例のない未成年だそうだ。

まるで朱が第1話ではじめて着任した時と同じく、今度は朱が宜野座と同じ事を新任の監視官に教える。
参考資料

2クールやったPSYCHO-PASSだが、普通に面白かったと言う感じだろうか。悪くもなければとても良い訳でもない。隠されたシビュラシステムの仕組みも「えええ!」と言う程ではなかった。何となくギルティ・クラウンと似たポジションを感じる。まあノイタミナだし。あっちよりは主人公二人とも安定した個性だったのは見やすかった。

|

« たまこまーけっと・第11話 | Start | まおゆう魔王勇者・第11話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/57010787

Folgende Weblogs beziehen sich auf PSYCHO-PASS サイコパス・第22話:

« たまこまーけっと・第11話 | Start | まおゆう魔王勇者・第11話 »