« たまこまーけっと・第8話 | Start | まおゆう魔王勇者・第9話 »

PSYCHO-PASS サイコパス・第19話

征陸から提供された銃とバイク(バイクも?)を引き取って狡噛は出発する。流石に行き当たりばったりと言う訳には行かず、雑賀の所に向かったか。この人の家はよく憶えているよ、ライトの落水荘そっくりだったからw
参考資料

ここで狡噛は雑賀とじっくり槙島について人物分析を行う。何だかとっても余裕があるんだけど。
ただ、食事中にあまり議論するのはどうかなあ。
参考資料

それにしても人物プロファイリングと言うのは出来ればこんな感じなのかな。「犯人は20代から30代、もしくは40代から50代」などと言う何も特定していないのとは違うね。

シビュラシステムの監視が届かない海外サーバで掲示板が設置され、そこでシビュラシステムの出現で雑賀の様な社会的な用途が無くなった職業の人達が鬱憤を晴らしていた。ここに雑賀が新しいスレを立て、何か興味深いレスが釣れないか網をはっていた。

そこについたひとつのレス。シビュラシステムを崩壊させるのにはどうしたら良いか?のレス。それは食糧問題を惹起させる事だと言う。作中であまり細かく語られていなかったが、この世界の日本は世界に対してかなりの鎖国状態らしい。小麦の品種改良で単品種を使って自給率100%になって輸入を閉ざし、またシビュラシステムによって国内に閉じて治安維持をしている。従ってその小麦がやられると食糧を輸入せざるをえなくなり、国境封鎖も今迄どおりには行かなくなり、難民も同時に入って来てしまい、その結果としてシビュラシステムが崩壊するだろうと言うものだった。槙島はきっとこの興味深い案に乗るだろう。これで狡噛の向かう先が決まった。

警備課に残された人達。宜野座は局長に対して槙島の追跡に加えて、狡噛の追跡も一係がやりたいと言う。しかし全然乗り気のない局長。シビュラシステムの脳達の判断は宜野座はもうダメだと言うものだった。だが、代わりにどうするのか。

シビュラシステムの脳達から見放された宜野座は、既に色相が危うい水準に迄来ていた。色相が濁って嘗ての監視官から執行官になってしまった狡噛と同じ道を歩むまいと、保身に走っていたその挙げ句の果てがこうとは。宜野座が局長に対して何も言えない無能者に見えたのはこの「保身」のせいなのだろう。だが、もう、その呪縛は効かないだろう。

で、朱はどうするんだ。
両刀遣いの唐之杜に慰められた朱ちゃん、ふと気がつけば勝手にドミネーターがやって来た。これがシビュラシステムの脳達の人選なのか。
参考資料

|

« たまこまーけっと・第8話 | Start | まおゆう魔王勇者・第9話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/56867100

Folgende Weblogs beziehen sich auf PSYCHO-PASS サイコパス・第19話:

» (アニメ感想) PSYCHO-PASS サイコパス 第19話 「透明な影」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
投稿者・ピッコロ PSYCHO-PASS サイコパス VOL.1【Blu-ray】(2012/12/21)関智一、花澤香菜 他商品詳細を見る ついに公安局から逃亡し、一人槙島を追う狡噛。槙島の音声を手がかりに彼の足取りつかむべ...... [Mehr erfahren]

verlinkt am 07. März 13 um 14:54

« たまこまーけっと・第8話 | Start | まおゆう魔王勇者・第9話 »