« まおゆう魔王勇者・第12話・最終回 | Start | ラブライブ! School idol project・第13話・最終回 »

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる・第13話・最終回

ミス・俺デレコンテストが開始。

1番がいきなり千和。千和、最初はさりげなく鋭太への想いを語り鋭太だけが恥ずかしい気持ちで面はゆくなっていたが、最後には名前まで出して愛を訴えてしまう。

2番目が姫香。でもステージに居ないと思ったら恥ずかしくなって鋭太の後ろに隠れていた。恥ずかしさなんて好きと言う言葉で上書きしろと言う鋭太に姫香の10回の好き。しかし後ろでこっそりやっていた筈だったのが、冴子が誘導して来たカメラにしっかり捉えられていた。

愛衣は・・・ラブリー説教アピールが受け入れられなくて失格w
参考資料

最後が真涼。しかし真涼はコンテストに出たものの自分は昨晩その資格を失ったと言う。彼の周囲に居る真剣な3人の女の子に比べて自分はただのフェイクなのだ。だからふられて当然だったのだと。そんな事を言い出した真涼に我慢できなくなった鋭太。ステージに歩み寄ったばかりか、ステージに上がって真涼に迫る。そして言っちゃった。真涼が好きだと。

あ?真涼でゴールですか?

でもみんな、耳塞いでますがw
参考資料
まさかこれでスルーして「え?なんだって?」で済まそうとか無いよね。
流石にその先も続いてとどめのちゅーがあったから何もなかった事では済まないか。

但し、これで修羅場ルートが決まった感じで頭を抱える鋭太。冴子から修羅場にならない、ハーレムにもならない方法として、真涼以外からは嫌われるのが手段だと吹き込まれる。

まずは姫香。実は俺はバーニング・ファイティング・ファイターじゃなくて、ただの村人Aだったのだと。あっちの世界のヒーローでないとバレれば(いや、バレるっていうか)姫香が嫌ってくれるんじゃないかと言う魂胆だったのだが、姫香の反応は違う。ただの村人Aなら姫が鋭太をぎゅっとしてあげられると。

まあ、あれだよ、鋭太。設定なんてどうでもいいんだよ。姫香は鋭太と仲良くなりたいんだよ、分かってやれ。

そして愛衣。鋭太が姫香にあの婚姻届を見せてくれと言うから、まさか嫌われる為にそれを破るのか?それはいくらなんでも外道のする事だろう、幾ら何でもそれはダメだと想ったら、予想外の展開。泣き出した愛衣にハンカチを出そうとして紙の端で指を切った上、血判を押してしまった!w

おい!w
それありかよ!?

愛衣ちゃん大勝利!ってお外走って来るそうなので、愛衣ちゃん的にはいいんだろうw

最後に千和。千和こそは長い幼馴染みで鋭太の事が本当にずっと好きだった。鋭太だって千和の身体を治してやる為に医者になるんだって決めたのだし。

だからあやふやな形には出来ないだろう。だからと言って嫌いにさせるなんてと思ったが、千和、諦めてない。あのキスは悲しかったけど、千和は負けないと千和もキス。
背が低いから油断してたでしょうって、そんな届かない程低かったのか。

それを見ていた真涼。
結局修羅場です。俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる。
参考資料


俺修羅、好きでした。姫香はちょっと別として各々がそれなりに真剣に悩む場面が良い。特に千和。
私は千和が一番好きだった。

|

« まおゆう魔王勇者・第12話・最終回 | Start | ラブライブ! School idol project・第13話・最終回 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/57076651

Folgende Weblogs beziehen sich auf 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる・第13話・最終回:

« まおゆう魔王勇者・第12話・最終回 | Start | ラブライブ! School idol project・第13話・最終回 »