« 琴浦さん・第9話 | Start | AMNESIA・第10話 »

新世界より・第23話

前回の予告で「早季、何も心配はいらない」と言っていたのは瞬の声だったか。すっかり忘れていたw

巨大な蛭とか、説明のしようのない生物とか、東京の状況は異様だった。この様子を早季は東京は魔崫だと言う人々の意識から漏洩した呪力によるものだと呟く。が、呟いた本人が何故そんな事を言ったのか分からない。

さらに進むと背後から黒い影が迫る。奇狼丸はすぐに逃げろと。この影によって以前来た時は最も多くの犠牲者を出したのだと。ニセミノシロモドキに聞いてみるとあれはクロゴケダニだそうで、捕まると骨と皮を残して食い尽くされて殺される。先を歩いていくとそのダニにやられたと思われる生き物の残骸も転がっていた。

その先で早季達はそれ以上先には進めなくなる。水が勢いよく流れる空洞に出るが流石に筏も無しにこの流れの中は行けそうにない。奇狼丸は一旦戻る事を提案した。海岸にある潜水艇で進もうと言う訳だ。折角ここまで来たのに、やむを得ない。その為には二手に分かれ、片方が囮になってもう片方が潜水艇を取りに行く必要があると言う。結局早季と乾、覚と奇狼丸に分かれて早季・乾組が潜水艇を取りに戻る。その戻る道筋で乾は奇狼丸を信じて良いかと疑問を投げかけてきた。
参考資料

説明がつかない点がある。何故奇狼丸は大きな犠牲をはらいながら東京の地下に迄来たのか。兵の1/3をやられながら何故すぐに戻らなかったのか。奇狼丸は一体どこまで信用出来るのか。

潜水艇の所まで戻って来た早季と乾。夜間に海岸に近づかない方が良いと奇狼丸に言われていたが、バケネズミ達に発見されるのを嫌い、しかも急いでいた為か敢行。ニセミノシロモドキに聞いてみると、ここらで一番危険なものはゴカイだと言う。そしてそれが出現する。でかい。流石に身構えていた為もあって、乾が破壊してくれたが、ゴカイの体液を浴びて早季は緑色に。このまま緑色はまずいので早季は水浴びをして洗い流す。
参考資料
ちょ、ちょっと待って下さい。何故そんな大事な場面をあっさりと。
実は水浴びは大事なんじゃなくて、浴びた体液が緑色と言う点が重要だったんだけど。

潜水艇の中で早季は顔のない少年と話をする。早季は思い出せないが少年は勿論瞬。瞬は早季の意識の中に思念を残していた。その彼はあの襲って来た子供は悪鬼なんかじゃないと言う。以前早季もそう感じていたが、本当に悪鬼じゃないのだろうか。だが、だとしたら何なのだろう。

潜水艇はその後順調に進み予定していた覚達との合流地点に辿り着くが、待っていてもやって来ないので先に進む事になった。しかし行き止まり(あの激流は一体どこからどう流れていたんだろうね)。ニセミノシロモドキに尋ねると直線距離であと100m程だそうだ。そこで潜水艇を降りて徒歩で進む事にする。だがここにゴカイが襲って来た。早季は乾に守られたが、乾が犠牲に。ゴカイが突っ込んで来た時に先に流れた液体の色は緑じゃなくて赤だった。乾散る。

悲しみを超えて早季はBIO HAZARDのマークのある部屋へ。倉庫の中で大切に保管されていた容器の中にサイコ・バスターらしきものを発見した。それにしてもアンプルみたいな物に入っているのかと思ったら妙な形の容れ物に入っていたな。
参考資料

サイコ・バスターを手に入れた早季は外へ。もうこれがあれば悪鬼に遭遇しても良いからだろうか。その外の世界に見つけた人影は瞬だった。もう早季の記憶には瞬の名前が蘇っている。でもこれは実体なの?

次回予告がまた不吉な。最初から全部仕組まれていたって・・・奇狼丸は騙していたのか?

|

« 琴浦さん・第9話 | Start | AMNESIA・第10話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/56948810

Folgende Weblogs beziehen sich auf 新世界より・第23話:

« 琴浦さん・第9話 | Start | AMNESIA・第10話 »