« 新世界より・第22話 | Start | PSYCHO-PASS サイコパス・第20話 »

たまこまーけっと・第9話

デラ、丸くなっちゃって前回のダイエットが水の泡じゃないか。

おや、新キャラかな?と思ったらどうもたまこの両親の出会いと言うか、つきあうきっかけだったらしい。
絶望した!たまこの父親がインナーヘッドホンをしているジェネレーションギャップに絶望した!
私の学生時代ったら、巨大なごっついタイプしか音楽用のヘッドホンは無かったよ。ウォークマンなんて存在すらしなかったしw

十月十日は餅の日であり、もち蔵の誕生日でもある。そうか今回は10月の話か。十月十日と言うと双十節が思いつく。辛亥革命の起きた日。もち蔵は帰り道が一緒になったあんこにたまこが自分の誕生日のプレゼントの事を気にしないかさりげなく(あくまでもさりげなく)聞いてみるが、そんな様子は無さそうだった。しかし答えるあんこが何故か元気が無い。

例のユズキ君が豆大福を引き取りに来た時もみんなが呼んでも二階から降りて来ない。どうやらユズキが原因らしいのは分かるが、この顔の合わせづらさは何だろうね。しかもそれがどんどんつのって行くのでたまこも気がかりになり、もち蔵からさりげなく(あくまでもさりげなく)聞いてみてくれと頼む。ただ、もち蔵の推測はどれも外れだったが。

餅の日には餅つきをすると言うのでそれを楽しみにするかんな。部長の座はみどりに取られたが、いずれ下克上すると言うかんな。かんなの妙にアクティブな性格が面白い。当日はたまやの店頭で餅つきが始まったが、同じく大路屋の方でも餅つきを始める。さっそくもち蔵にネタを持って来させ様とする吾平だが、もち蔵はすっかりたまやの人間になっとるじゃないか。で、それをどっちの親父も叱る。やっぱり気があってるなw

餅つきの様子を見て舞うチョイがとてもかわいい。
参考資料
やっぱり何となくあずにゃんの立ち位置だな、チョイ。
みどりも無難に餅つきが出来る。じょしらくOADの魔梨威と木胡桃の餅つきみたいにならなくて良かったなw

今日がユズキの引っ越ししてしまう日と言う事でそわそわしつつも何も出来ないあんこ。何時に出発するんだと聞くと夕方にはと。もち蔵はすぐに行けよと言うが、あんこの重い心は動かない。なんて言えば良いのか、どんな顔を合わせればいいのか。ここでお姉ちゃん登場。たまこがつきたてのお餅を持って行ってあげなと。つきたてのお餅はとってもおいしいからきっとユズキ君は喜んでくれるよと。あんこが出来る事で、ユズキが喜んでくれる事。これであんこがユズキの所に走るきっかけが生まれた。走り出したあんこをデラに任せる。

途中で転んだり、ユズキに渡す時にもごもごしちゃうあんこだが、要所要所でデラがサポートしてくれるから無事ユズキに渡す事も出来たし、ユズキは引っ越ししてもまたたまやのお餅を受け取りに来る時に会えるねと言ってくれる。すぐ近くにいなくなっちゃうのは寂しいけど、良かったね、あんこ。
参考資料
いやあ、ホントにあんこはかわいいなあ。

そしてもち蔵の方もたまこからバースディプレゼントを貰えて報われる。いや、どこまで喜んでいいのか分からないが、もち蔵には充分嬉しいたまこからのプレゼントだろう。

さて、今回はたまこの両親の話も平行してあったが、両親も同じ高校だったのか。当時の豆大はバンドをやっていてひなこに捧げる歌を必死になって作っていた。
参考資料
ちょwww、なにその懐かしい電気スタンド
あったよねえ。これも結構流行った。

そしてたまこが日頃口ずさんでいた曲はその豆大がひなこに捧げた曲だったのだ。漸く判明した。レコード屋のマスターが豆大と一緒にバンドを組んでいたからその事情も分かる。しかも当時の演奏の場面がビデオに残っている。
絶望した!たまこの父親が学生の時代に既にVHSのホームビデオがあると言うジェネレーションギャップに絶望した!
私の学生時代は当然8ミリですよ、8ミリ。

デラを使ってみんなで鑑賞。デラがあればどんなメディアも再生出来そうだなw

|

« 新世界より・第22話 | Start | PSYCHO-PASS サイコパス・第20話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/56908746

Folgende Weblogs beziehen sich auf たまこまーけっと・第9話:

« 新世界より・第22話 | Start | PSYCHO-PASS サイコパス・第20話 »