« ラブライブ! School idol project・第11話 | Start | 琴浦さん・第10話 »

ガールズ&パンツァー・第11話

内容が濃い。密度が濃い。Aパートが終わった段階でまるで2話見終わった様な感じだった。

戦力的にまるで勝てる気がしない対黒森峰戦。いきなり三式中戦車はやられちゃうし。しかしみほは予め立てておいた作戦を実行して黒森峰を翻弄して行く。もくもく作戦で煙幕をはり、先ずは直撃を受ける状態から逃げる。エリカはこんな目くらましといきり立つが、まほは無駄弾を撃つなと制止。この後もそうだけど、黒森峰の副隊長、モモちゃん並に無能だろうw

レオポンは足が遅いので登坂に時間がかかるだろうと思われたのが、煙幕が晴れてみれば予想以上に先に進んでいる。レオポンを他の車輌で牽引して速度を確保していたのだ。そして登り切らない状態をさらに隠す為にパラリラ作戦でまたも広範囲に煙幕をはる。パラリラってどこの暴走族だよと思ったら、蛇行して煙幕を巻き散らすのをそう呼んだのか。

こうして好位置を確保した大洗に対して数と力で圧す黒森峰。全然戦力的に劣るにも関わらず大洗は互角に近い砲撃戦を展開する。ここでおちょくり作戦発動。

一輌だけ離れていたヘッツァーが背後から黒森峰に襲撃。黒森峰の部隊の中に紛れ込んで攪乱する。プラウダ戦でも見せた柚子の操縦術の妙技は異常。黒森峰に同士撃ちさえ引き起こす。その間隙を縫って大洗は離脱。黒森峰は隊列を組んでの攻撃は訓練されているが、予想外の事が起きた場合の対応が出来ない。

逃走中にとうとうあの曲者のレオポンのエンジンがぐずり出した。あちゃー、ここでレオポンはエンコ?と思ったら搭乗してるのがあの自動車部。走りながらぐずるエンジンの調整を行う。
参考資料
自動車部の技術力は世界一ぃぃぃ!w

またも追撃を余儀なくされた黒森峰は、しかし走り続ける事で履帯に損傷を起こす車輌も出たり、場合によってはガス欠を起こす事もありえた。これで距離を稼いだ大洗は渡河作戦に入る。重い車輌が川上に、軽い車輌を川下にして並んで水の流れに流されない様に進み始めた。しかしM3中戦車がエンストをしてしまった。何度起動をかけても動かない。このままでは黒森峰に追いつかれて川の中で撃たれてしまう。一年生達は自分たちを置いて先に行ってくれと言うが、停まってしまったM3中戦車は川の流れに圧されて傾き始めた。みほは考えた末に一年生達の救出を決断した。あの時も自分は仲間を助けに行ったじゃないか。

ワイヤーを結びつけた綱を腰に結んでみほは戦車を飛び渡り、一年生達の所へ。置いて行ってとは言ったものの、隊長が自分たちを見捨てずに救援に来てくれたのはどんなに嬉しかった事か。
参考資料
参考資料
もうね、みほの西住流の戦いは過去の対戦相手はもとより観戦客まで含めて完全にみんな虜にしちゃったね。

みんなでワイヤーを引き上げて、他の戦車とつなぎ、M3中戦車を牽引して再び渡河を開始。そのうちM3中戦車のエンジンもかかってからくもエリカ達の追撃をかわす。それにしても履帯の修理も早かったな。

ヘッツァーとも合流して大洗は市街地方面へ進む。その際にレオポンはエンジンをふかして重量をかけた結果、橋を落として黒森峰の追撃陣を迂回させる。

ホントに自動車部の技術は底知れぬw

走り回ったり迂回させられたりした黒森峰はひょっとしたらガス欠フラグが立ったかもしれないね。

市街地方面へ向かった大洗の目の前に団地の影からIII号が姿を見せる。III号なら撃破出来ると踏んで追走するが、いやいやいや、逃げる相手を追いかけ回して罠に嵌ったプラウダ戦をもう忘れたのか。あれから三ヶ月経ったからなあ(違。

団地の中で待ちかまえていたのはティーガーとかそんなレベルの相手ではなかった。壁が出現したのかと思ったら、それはあの超重量級戦車のマウス。
参考資料
まさか、マウスが動く絵を見る事が出来るとはw

ダメだって。マウスに正面から立ち向かったらダメだって。風紀委員のメンバーはそんな事が分からないから最初に吹っ飛ばされたのは仕方ないとしても、III突に乗っている歴女のメンバーは分かりそうなものだろう。

砲撃が全く歯が立たない。その一方でマウスの砲撃はかすっただけでひっくり返そうになる。こんなモンスターに正面から勝てるわけがない。

しかしマウスでの待ち伏せは卑怯だなあw
戦車道の戦いって、最初にエントリーしてる車輌のリストは出ないんだっけ?
予めリストがあったら絶対用心してるだろうに。とは言っても鈍重でしかも足場の悪い所では沈むマウスは配備出来る場所が限られる。ピンポイントで大洗をおびき寄せるなんて読みが当たりすぎなんじゃないか。
ま、面白いからいいけどw

それにしてもこんな事が出来るのなら、やはりナースホルンをどこかに伏せておいて、敵の射程外からフラッグ戦車を撃ち取ると言うのもありだったのに。まあナースホルンが入手出来ればの話で。

ともかく、マウスがフラッグ戦車でなかったのはある意味幸いで、あれがフラッグ戦車じゃ倒す事なんて出来ない。マウスからは逃げるが勝ち。この団地の中なら逃げ切れるんじゃないかな。

|

« ラブライブ! School idol project・第11話 | Start | 琴浦さん・第10話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/56990449

Folgende Weblogs beziehen sich auf ガールズ&パンツァー・第11話:

« ラブライブ! School idol project・第11話 | Start | 琴浦さん・第10話 »