« 琴浦さん・第10話 | Start | 舞台探訪・俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる »

新世界より・第24話

前回、乾が残して逝った奇狼丸に対する疑惑。一応今回の話で色々晴れる感じがするが、もう最後まで気が許せない。

瞬の幻を見たところには奇狼丸が立っていた。運良く合流できた訳だが、覚は腕に怪我をしていた。でもとりあえず命に別状が無くてほっとするところ。

サイコ・バスターが手に入ってこの後はどうするかと言う事になったが、奇狼丸はこれは或る意味で千載一遇のチャンスだと言う。サイコ・バスターは何の為に苦労して手に入れようとしたのか。それはともりもなおさず悪鬼を倒す為だ。その悪鬼が防御が手薄な状態で今ここに来ている。やるなら今だ。

奇狼丸はコウモリの糞を体中に塗りつけて自分の臭いを消し、早季と覚だけがいる様にみせかける。そうして悪鬼を誘き出して有利な場所でサイコ・バスターを使う機会を作ろうとした。最終的には誘き出した悪鬼に早季と覚の姿を視認させ、我を忘れて襲いかかって来た所でつかうのが良いと。しかしそれに対して早季と覚はひるむ。無理だと。ここで奇狼丸がふたりの自覚を促す。一体なんの為に犠牲を払ってここまで来たのか。それが出来ないでどうするのか。覚はすぐさま不明をわびた。

奇狼丸が誘導に行った間、二人になった所で改めて早季は覚にあれは悪鬼ではないんじゃないかと言う。バケネズミのコロニーには鏡がない。だから真理亜と守の子は自分が人間だと言う自覚がないまま育てられてそれで人間を殺しているんじゃないかと。つまり攻撃抑制と愧死機構は「同族」と思っている相手に対して発動するのか。それにしてもいくら鏡がないと言っても見ずに写った姿とか、視界に入る自分の腕とかで自分の姿が人間と同じなんじゃないかと思わないのか。

果たして誘導されたバケネズミと悪鬼が姿を見せる。悪鬼と思われる髪の毛が見えた相手にこちらを認識させて逃げ出す早季と覚だが、顔が見えなかったね。これは多分偽物。
参考資料

案の定、逃げた先の天井が崩落する。これは仕組まれた罠だ。追われている方向に逃げるのはまずいと方向を変えようとしたそこに本物の悪鬼がやって来る。ここで早季の考えた鏡を出現させる。今まであの子は自分がバケネズミとして育ったのが、自分の姿が敵である人間と同じと気がついたらどうなるのかと。多分、その自覚が生まれたら攻撃抑制と愧死機構が発動するのだろう。だが、動揺はしたものの、それがどう働いたか確認する間もなく、迫る悪鬼に対して覚はサイコ・バスターを投げつけた。

これで間違いなく「悪鬼」は片付けられるだろう。だがしかし、覚はどうなるのか。あの距離では覚も感染を免れ得ないではないか。そしてとうとう早季は家族や富子達と共に最後の一班の友達である覚まで失うのか。それが頭をよぎった瞬間に早季は炎で炭疽菌を消し飛ばしてしまった。
参考資料

もうこれで悪鬼を倒す手段は無い。逃げるしかないものの、逃げた先には野狐丸の狙撃部隊。辛うじて奇狼丸に助けられたものの、身を潜める事しか出来なかった。そこに響く野狐丸の声。種は違えど、知性を持った生き物同士、理解しあえる筈だ、話合いましょうと。いやいや、そんな言葉が信じられる訳がない。

もうダメだと諦める覚達に対してまたも奇狼丸が諭す。人間は諦めるのが早すぎる。バケネズミは心臓が止まる最後の瞬間まであがくのだと。

そうして早季は助かる手段を見出した。あれは悪鬼じゃない。今までにも倒せる方法はあったのを見逃していた。はっきり言わない早季に覚が分かる様に話せと言うw

参考資料
倒すって言ったね、早季さん。

|

« 琴浦さん・第10話 | Start | 舞台探訪・俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/56997284

Folgende Weblogs beziehen sich auf 新世界より・第24話:

« 琴浦さん・第10話 | Start | 舞台探訪・俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる »