« 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる・第6話 | Start | 舞台探訪・輪廻のラグランジェ・概要編 »

ラブライブ! School idol project・第6部

生徒会副会長東條希がやって来て部活となったμ'sのメンバーの素顔を撮ると言う。
と言う事で今回はμ'sのメンバーの特徴を掘り下げて、グループの中で各々がどんな立ち位置にあるのか、そして結局リーダーは誰なのか、と言う話。

まあ、リーダーはやっぱりみんな分かってるんじゃない。
それを再確認するって事かな。

穂乃果は見たとおりw海未は隠してるけどもうバレバレのポーズとかの練習をしてる。ことりは・・・
参考資料
何か隠してる。凄い隠してる。
にこはキャラを作るが、日常のキャラまで作って、誰だそれ状態。

希がインタビューを進めているうちに、μ'sで実際に動いているのは、歌詞を海未が、ステップはことりが考えていると言うのが判明。じゃあ穂乃果は?何もやってない?

今回の事でよく分かった。穂乃果はリーダーらしくない、と、にこは言う。
次のPVの時を作る時は新しいリーダーを決めて、そのリーダーがセンターをやる。だったら、誰がリーダーに相応しいのか?

ホワイトボードで指し示すにこ。
参考資料
あ、いや、これは絶園のテンペストだった。あまりに笑ったからw
こっちこっち。
参考資料
この時点でもう穂乃果じゃん。

誰がいいか決めかねるμ'sのメンバー。
仕方ないわねー!
参考資料
誰もにこの事を思いついてくれませんw

歌・踊り・人を引きつける魅力で決着をつけようと言うにこだったが、これがにこの思い通りに行かない。て言うか、歌・踊りはまだしも、秋葉原の駅頭であのビラの渡し方はどう見ても引かれるだろう。にこ、時代に取り残されているぞ。

結局、誰がと言うのが決まらない。だったらどうしようと言うところに穂乃果は今度の曲は全員がセンターになる様な曲にしようと提案した。それ悪くない。と言うか、いいじゃないと言う事でみんながその案に賛成。

でもこうやってグループを引っ張って行く穂乃果こそがリーダーだよね。
今までだって、進む道の方向を決めていたのは穂乃果だったし。

|

« 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる・第6話 | Start | 舞台探訪・輪廻のラグランジェ・概要編 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/56743798

Folgende Weblogs beziehen sich auf ラブライブ! School idol project・第6部:

« 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる・第6話 | Start | 舞台探訪・輪廻のラグランジェ・概要編 »