« 西武グループのヤマノススメポスター | Start | たまこまーけっと・第8話 »

新世界より・第21話

悪鬼がやって来る。それを肆星に伝えるべく全人学級の富子の所から町に向かった早季達だったが、肆星の所にもバケネズミの執拗な攻撃が加えられていた。肆星はそれらをことごとく退ける。なんと心強い人か。でも前回予告で死亡フラグが立っていたからなあ。

そしてとうとう悪鬼がやって来てしまった。以前は姿がはっきりしていなかったが、遂にその顔立ちが分かる。未だ子供で赤い髪の毛。そしてその顔。早季と覚はその容姿を見て思うところがあったらしい。肆星は悪鬼の攻撃をも退けるが、覚は早季に早く逃げようと言う。ダメなのだ。いかに肆星と言えども悪鬼には勝てない。攻撃抑制と愧死機構が働くからだ。しかし悪鬼の攻撃は肆星には効かないではないかと言う新見。だが、それも時間の問題だ。覚は今ははったりが効いているだけだと言う。そう言う間もなく、悪鬼の攻撃は肆星に対する物質による外からの攻撃から、肆星自身への呪力攻撃に変わった。肆星ついに墜つ。
参考資料

それにしてもどうせやられるのなら愧死機構に抗って悪鬼と相討ちに出来なかったのだろうか>肆星。

バケネズミの掘った穴を辿って逃げる途中で瀕死のバケネズミをみつけ、情報を掴もうとする。お前達は野狐丸に騙されて使い捨てにされているだけだと言う覚に対してバケネズミは全く違う見解をしめした。人間達の圧政から解放される大義の為なら個体の死など問題ではないと。圧政をしたつもりはないと言うのに対しては、同じ知性を持つ生き物なのに人間は同等に扱わなかったと言う。完全に植民地解放戦争の体をなして来た。ただ、植民地解放戦争は人間同士の戦いだった。これは異類の戦い。人間から見てバケネズミは異類かもしれないが、バケネズミから見たら人間の方が異類だ。これは後から分かる途方もない方向に繋がる。

人間がひとりでも残ったら、その一人によってバケネズミは滅ぼされると言うのに対してはそれに答えず飛びかかって来たのを思わず殺してしまう。

何とか脱出したあとで、新見は富子に託された任務を果たすと言って早季と覚とは別れる。その任務とは放送を通じてひとりでも悪鬼から逃れる事が出来る様にすると言う事。二人と別れた新見は悪鬼が出現した事を放送する。可能な限り遠くへ逃げる様にと。そして「家路」が流れる。

新見は無事?いや、そうじゃない。粉塵爆発を引き起こすミュータントに対抗する為に水路の水は全部抜かれた。それなのに「家路」は今も流れているじゃないか。それを流す為の動力源は何か。水路に水はない。だから本当なら動力源の水車は回らない。でも回っている。家路が流れ続ける。そこに新見が居て、呪力で水車を回し続けているからではないか。家路が途絶えた時が新見の最期だった。
参考資料

早季と覚は清浄寺に逃れ着く。

早季はそこで両親が一旦はここに逃れたものの、悪鬼に対抗すべくネコダマシを解放しに町へ戻ったと聞かされる。早季の両親もだめか。

そして清浄寺では二人に会いたいと言う人間が待っていた。バケネズミ討伐に出かけた乾だった。討伐隊はてっきり全滅したのかと思ったら生き残りがいたんだ。そのおかげで野狐丸の計画の全貌が分かる。なんとか乾だけは脱出して貴重な情報をもたらす事が出来た。

バケネズミ達は人間を襲撃した時に、その赤ん坊を略取していたのだ。バケネズミ同士で戦った時も相手コロニーの赤ん坊を掠って奴隷にしたが、今度は人間の赤ん坊を掠ってそれを悪鬼にしたてあげるつもりだ。人間の町を襲うごとに赤ん坊を略取し、それを対人間兵器に育てる。かくして全地球の人間を滅ぼそうと言うものだ。
参考資料

だからこれは人間界の植民地解放戦争なんかではない。知性を持った異類同士の生存戦争だ。
現在の人類たるホモ・サピエンスがアフリカを出発してユーラシア大陸に出た時、そこには旧人が居た筈だ。しかしホモ・サピエンスが出アフリカした後、ユーラシア大陸から旧人は消えてしまった。近年、ホモ・サピエンスとネアンデルタール人の混血があったのではないかと言う論文がサイエンスに掲載された。それ程に近しい知性体が全滅したと言うのはやはりホモ・サピエンスによってネアンデルタール人が絶滅させられたのかもしれない。そう言う異類同士の生存戦争がバケネズミによって引き起こされた。

それにしても最後のところであっさりとあの悪鬼が「真理亜と守」の子と言われちゃうが、そうだとすると、真理亜と守は野狐丸に保護された後で、子供が生まれた時に殺されたと言う事か。だからこそ野狐丸から「発見した」として差し出された骨がDNA鑑定までして真理亜と守に違いないと言う事なのか。

ああ、真理亜、そして守・・・

|

« 西武グループのヤマノススメポスター | Start | たまこまーけっと・第8話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/56853740

Folgende Weblogs beziehen sich auf 新世界より・第21話:

« 西武グループのヤマノススメポスター | Start | たまこまーけっと・第8話 »