« PSYCHO-PASS サイコパス・第17話 | Start | 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる・第7話 »

まおゆう魔王勇者・第7話

極光島奪還戦が人間側の勝利に終わり、冬の国などは徐々に豊になりつつある。新しい冬寂王は聡明な様だし、紅の学士の技術援助もあるし。

そんな訳で勇者と女騎士も庭園で剣技を競い、その後で水浴びもするなどのどかなものだ。
参考資料
魔王、いいのか、こんな事させておいてw

勇者は開門都市の連絡会議にも出ていたりする。結局開門都市は聖鍵遠征軍の駐留軍が居なくなった為に人間と魔族との共同統治の様な形になっていた。人間側はあの東の砦の男、即ち東の砦将(ひがしのさいしょう)が代表で、魔族は火竜大公が代表らしい。「さいしょう」って最初は(シャレじゃない)「宰相」かと思ったよ。

火竜大公は勇者の強さを認めて娘の火竜公女の婿にしたがっているらしい。火竜公女も火竜公女で、勇者の事がすっかり気に入ってる模様。もう妻とか言っちゃってるし。
参考資料
それを危ういと感じて早く帰って来いと言う魔王。そっちにはちゃんと警戒してるんだな。

魔王と勇者、そしてメイド姉は鉄の国に向かう。今度は何を調達するのかと思ったら、活版印刷機。魔王さん、あんた人間に技術革新をもたらしすぎなんじゃないか。

さて、魔王はどうやら一度魔界に戻ってその地位の更新の儀式をやらねばならないらしい。数ヶ月は向こうに滞在する事になる。見てる上では最近勇者とやっと会えたと思ったのに、今度は魔王が魔界か。

と言う事で、旅立ちの前に勇者に夜這いw
参考資料
修羅場過ぎるw
魔王「どこの世界に絹の寝間着で男の部屋に訪ねるお茶会があるのだ」
女騎士「枕持参でお茶会と言い張るバカよりマシだ」
まあ、お茶の道具を持ってるだけ女騎士の方が分があるな。

結局の所は二人で勇者を挟んで添い寝するところに落ち着くのだが。

などと安穏とした勇者や魔王達の所だったが、その一方で先の戦で屈辱にまみれたふたりが悪巧みを図っている。あの司令官と白夜王。司令官は中央に召還され裁判の結果牢に閉じこめられて片眼を失っていた。それを救い出したのが白夜王。白夜王は冬寂王をどうにかしようとして司令官(今や片目司令官)を救出していたのだ。

人間界では二人の恩讐劇が始まろうとしている。

|

« PSYCHO-PASS サイコパス・第17話 | Start | 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる・第7話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/56779784

Folgende Weblogs beziehen sich auf まおゆう魔王勇者・第7話:

« PSYCHO-PASS サイコパス・第17話 | Start | 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる・第7話 »