« ラブライブ! School idol project・第8話 | Start | 西武グループのヤマノススメポスター »

琴浦さん・第7話

義久と善三が必死になって頑張っている。この二人がこれだけ頑張るのだからHな事が目標なのだろうとは思ったが、混浴温泉だったか。結局工事の為に混浴温泉は休止中だったのだが、休止中でなくても琴浦さん達が混浴を承諾していたのだろうか。それとも黙って「いい温泉があるから」と連れて来たのか。あとから百合子が大智に「大智も私と一緒に入れなくて残念なんじゃない」とか言っていたから、予め混浴である事が知らされていた可能性の方が高いが。

諦めきれない二人は温泉宿の庭で温泉を掘り当てようとしている。いや、勝手に掘るなよ。そして掘り当てたのは原油。善三はこれ以上資産が増えても孫と一緒に入浴できんのじゃ意味ないと言うが、だったら自分で混浴温泉作れw

気を取り直して食事にしましょうと琴浦さんとヒヨリが料理を持って来た。旅館なのに自分たちでも料理を作ったのか。そして例によってヒヨリの料理がひどい。これでも以前よりはまだ食べられるかもしれない色になってる。やけ食いしていた義久がそれに手を出してしまうが、流石に勢いでそのまま食べられる物でもない。たちまち顔色が変わった。そして怒ってヒヨリにも食べさせる。こっちも顔色が変わる。
参考資料

で、どうやらそのせいで二人はらりってしまった。普通の食材でこんなにとか大智が言うが、どうみてもヤバイハーブが混じっていたんじゃないのか。

脱ぎだした二人を(どっちかと言うとヒヨリが義久を剥いたのか)琴浦さんが止めようとするが、とても止まらず、結局昨晩は激しかったですね状態に。

当然二人は昨晩の記憶が無いのだが、やってしまったのかと思った義久が責任を取るのかと。まあ責任取って道場に入門する程度ならいいんじゃないか。
参考資料

琴浦邸から戻ってから義久の様子がおかしい。琴浦さんが電話しても電話が繋がらない。登校日に会った時も必死で九九を頭の中で考えて考えを読まれまいとする。どうやら琴浦邸からの帰りに善三が何か言ったのがきっかけらしい。

そこでESP研で愚痴をこぼす琴浦さんに百合子はそれじゃあ義久の秘密を暴こうと立ち上がる。しかしながら大智はそれに乗らない。大智は義久が隠し事をしているかもしれないが、それが琴浦さんに悪い事じゃないと読み取ったのだろう。そもそもそう言うのが面倒なのかもしれないが。

しかし大智情報で義久が出没する場所を張っていたら義久出現。見失ったものの、目の前を通り過ぎた琴浦さんに着ぐるみの中で義久が「ぎく」なんて反応した為にバレてしまう。それでもおっぱい=πでごまかし通した義久。

結局夏休み中は義久と遊べなかった琴浦さんだが、休み明けの登校初日に部室に行ってみると義久が琴浦さんの誕生日パーティーの準備をしていた。バイトで何とかお金を貯めようとしていたみたいだが、これだったか。琴浦さんのみならず他のESP研のみんなにも言わずに一人で準備していたのは漏れるのを恐れたから。確かにヒヨリに教えたらあっと言う間に漏れそうな気はする。
参考資料

こんなにうれしい誕生日は初めてと言う琴浦さん。前回の花火もそうだったが、今がとても幸せな時間。母の言葉を乗り越えて行けるかどうかはこの後の展開次第かもしれないが。

なんか、不吉な話も出てるしなあ・・・

|

« ラブライブ! School idol project・第8話 | Start | 西武グループのヤマノススメポスター »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/56846820

Folgende Weblogs beziehen sich auf 琴浦さん・第7話:

» (アニメ感想) 琴浦さん 第7話 「この世界に私は」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
投稿者・ピッコロ 琴浦さん1 (マイクロマガジン☆コミックス)(2010/07/30)えのきづ商品詳細を見る 春香の祖父の家でESP研の面々は賑やかに夏休みを過ごす。 暴走気味な真鍋と森谷の世話をしながら、春...... [Mehr erfahren]

verlinkt am 27. Februar 13 um 19:45

« ラブライブ! School idol project・第8話 | Start | 西武グループのヤマノススメポスター »