« 琴浦さん・第5話 | Start | たまこまーけっと・第6話 »

新世界より・第19話

野狐丸のしかけて来た戦いで神栖66町の人間は5人一組になってバケネズミ掃討作戦を行う事になった。早季と覚は二人になったので他の三人になった人たちと組む事になった。後からわかるが、班長と言いながら全くの優柔不断で役に立たない男性藤田、血気にばかりはやって思慮の足りない男性倉持、事態に怯えて入院している大内さんの事ばかり気にしている女性岡野の3人。頭数しか役に立たない。

ともかく岡野が気にする病院に行く事になった。船の中で覚はさかんに今回の野狐丸の動きを気にする。あんなに狡猾やヤツが何故(普通なら)負けると分かっている戦いをしかけて来たのか。いくらなんでも奇狼丸の大雀蜂が圧倒的にやられると言うのは何故なのか。そして町に戦いをしかけて来た中には鼈甲蜂のバケネズミがいた。鼈甲蜂が塩屋虻側に立って参戦したと言う事は、この戦いは塩屋虻が勝つと確信するだけのものがあったからじゃないのか。私は大雀蜂は塩屋虻の毒ガスでやられたんじゃないかと思ったのだが、そうではなくて、呪力を使える者にやられたと言う肆星の予想が当たっているのかもしれない。

そうこうするうちに辿り着いた病院だが、入り口が大きく破壊された上に静まりかえっている。この壊れ方はどう見ても呪力によるものだろう。5人は否定したいだろうが、そう言うヤツが攻撃に加わっている。しかし倉持はバケネズミを侮って病院の中にひとり向かって行く。
参考資料

ここで漸く覚が周囲の不自然さに気がついた。静かすぎる。虫の音、蛙の鳴き声が全く聞こえない。これは即ちバケネズミが周囲に潜んでいると言う事だ。しかし今倉持を止めたら自分たちがバケネズミ達に気がついた事を悟られる。だから倉持が病院に入るのを待ってしかけようと言う事になった。しかし今思えば誰かが倉持を守りつつバケネズミ達に攻撃を加えれば良かったんじゃないのか。

倉持が病院に入ったのを見届けて周辺に呪力攻撃。予想通りバケネズミ達があぶりだされる。
参考資料
外のバケネズミ達を潰して中に入ったものの、倉持の反応がない。あれだけの事があって外にも出てこない、反応が無いと言うのは間違いなく中でやられてしまったのだろう。案の定そうなっていた。そして中にもバケネズミが。これらも潰したが、病院の中では医師と患者がシーツか何かでくるまれて吊されていた。

中の人達は生きていた。そして何が起きたのかは分かっている。あれが来たのだ。あれが。学校でも習ったあれが。嘗て富子が話してくれたあれが。悪鬼が来たのだろう。

悪鬼が来ては数人がまとまって対抗しようとしてもかなわない。バラバラになって偶然生き延びる事にかけるしかないと野口は言う。そして一人で逃げ出してしまったが、外でやられてしまう。

患者のひとりが病院にしがみついて離れないのを岡野がつきそうからあなたたちは先に行ってと言われ、やむなく船で脱出する早季と覚。だが町に向かうその船に悪鬼がついて来てしまった。
参考資料


アニメの中ではどれだけはっきりと語られたか覚えていないが、今の人間は呪力を操れる以上、それを人に向けた場合は人類の存在そのものが危険になる。だから愧死機構で人を攻撃出来ないようになっていて、それを無理に敢行すると本人が死に至る仕組みがある。だから元人間の悪鬼に対抗するのは難しいんじゃないだろうか。


さて、悪鬼が居るから人間に対抗できると野狐丸は考えたのか。しかし、あんな手の付けられない化け物は自分たちにも牙をむく可能性がある。そんな危ないものを切り札には出来まい。切り札にする以上は制御出来ないとならない。嘗て野狐丸達は脳手術で女王バケネズミをおとなしくさせる事が出来ていた。脳手術の技術が発達したとしたらどうなのか。人間に脳手術して制御可能な悪鬼を作ったとしたら。

そして、真理亜と守は行方不明になり、EDは真理亜がもう死んだ筈なのに真理亜の歌だ。

いやいや、そんな嫌な想像はしたくない。

|

« 琴浦さん・第5話 | Start | たまこまーけっと・第6話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/56760139

Folgende Weblogs beziehen sich auf 新世界より・第19話:

« 琴浦さん・第5話 | Start | たまこまーけっと・第6話 »