« 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる・第3話 | Start | 琴浦さん・第2話 »

ラブライブ! School idol project・第3話

神田明神でμ'sの振り付け練習。いいのか、神田明神でああ言う事をしてw
それを陰から見守る真姫。でももうとっくにバレていて、勿論あの曲も真姫のものだとみんな理解している。

僅かな期間だったが、特訓の成果で歌とダンスはどうにかなりそうな気配。あとは知名度を上げるのと、海未が人前で歌を披露出来ない程恥ずかしがる事。真姫が見せてと言ったのに逃げてしまった。一人に見せるだけでもこんな状態なのに。

とりあえず最大の難関は海未の恥ずかしがり。チラシ配りを街頭で行う事で克服しましょうと言うが、そんな秋葉原のゲーマーズの前でやったら迷惑なんじゃ。て言うか、そこだと多分万世橋警察署に届け出しないとすぐに中止させられる。沢山の人の波を野菜だと思えばいいと言われるが、
参考資料
これを見た時に「ちろりん村」だと思ったw
ちろりん村を連想した還暦前後の視聴者は沢山いるに違いない。

段々慣れてきたかなと思ったところでできあがって来たステージ衣装でまた一悶着。海未はことりがデッサンしていた衣装のスカートが短いと言ってあの時は膝下までと宣言したが、やっぱり最初の短めのスカートとしてできあがって来た。穂乃果とことりでこの長さに決めたと言われて激怒の海未。
参考資料
ここ、尺八か何か聞こえて、そのまま十万石まんじゅうになるのかと思ったよw

約束を違えた以上、私は制服で歌います!と言うが、でもステージを成功させたいからと言う穂乃果達の本気度に折れる。

神田明神で明日のステージが成功します様に、大成功します様にとお祈りして本番を待つばかりのμ's。
参考資料
いや、秋葉原でこんなに星は見えないだろう。

直前になっても衣装のスカートの下にジャージをはくとか往生際の悪い海未ではあったが、流石にそっちの方が恥ずかしいとは思う。これは穂乃果に引きずり下ろされる。

ドキドキのステージの開始だったが、幕が開いてみると・・・
参考資料
観客は少ないだろうとは思ったが、まさかゼロとは。

茫然自失のμ'sだが、駆けつけた小泉花陽が客席に入ってくれたおかげで穂乃果の気持ちが固まる。歌おうと。μ's最初のライブの始まり。

結局聞いてくれたのはステージを手伝ってくれたクラスメイトと、花陽とその友達の凛・真姫・生徒会長・副会長、そして隠れて伺うグラサン矢澤にこ。穂乃果・ことり・海未の三人を加えると、EDで並んでいる全員だよね。
参考資料

「完敗からのスタート」と副会長は言うが、それはまさにドラマのある滑り出しじゃないか。

|

« 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる・第3話 | Start | 琴浦さん・第2話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/56594763

Folgende Weblogs beziehen sich auf ラブライブ! School idol project・第3話:

« 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる・第3話 | Start | 琴浦さん・第2話 »