« 舞台探訪・神様はじめました・川越編 | Start | まおゆう魔王勇者・第2話 »

ラブライブ! School idol project・第2話

「アイドルを始めよう!」はいいんだが、やらなくちゃならない事は山の様にある。でも後先見ないw穂乃果はまずは講堂の使用許可を取りに行き、新入生歓迎会の後にライブをやると宣言。渋る生徒会長だが、副会長は単に使用許可ならええんやないのと。副会長が穂乃果らを助けるのはカードのお告げらしい。
参考資料
一体、どんな呪力がw

ライブのお知らせポスターももう校内に貼っちゃうし、海未の承知していない所でどんどん話が進んで行く。ことりはもう衣装のデザインしてるし。すーっと伸びてるのは素足。海未は素足にこの短いスカートって言うが、制服のスカートも短いじゃん。
参考資料

そっちの方は先走っているが、まだグループ名も決まっていない。結局グループ名は募集する事に。その次は肝心のステージで歌う曲、そしてその踊り。校内で練習する場所を探し回る三人だが、場所無いね・・・って、いや、廃校になるほどにクラスが減ってるんだから空き教室がいくらでもあるんじゃないのか。と思ったが、空き教室には鍵が。ジャージ部の先生ジャージ着た先生に頼んでみたが、鼻で笑われて貸して貰えなかった様だ。先生、どうせ廃校間近なら貸してやればいいのに。

で、結局屋上でと言う事になったが、曲を作った形跡が無いのに歌う歌がある訳ありません。

曲は穂乃果が先日見かけたピアノを弾いていた一年生の子に依頼しようと勝手に決めたものの、歌詞が無い。でも歌詞ならあてがあると見つめる二人。ことりはもう衣装で手一杯だし、穂乃果にやらせるよりはと結局海未が引き受けたが、海未はその代わり練習メニューは自分が決めると言う。アイドルは歌いながらずっと笑顔で踊る体力が必要。アイドルなめんなと。笑顔で腕立て伏せも出来ない穂乃果やことりは基礎体力が足りないからまずはそこをつけましょうと。そう言えば学生の頃って腕立て伏せ一回も出来なかったなあ(をい

体力トレーニングは神田明神の男坂上り下りです!
神田明神、この辺りで登場して来るのか。

ところが穂乃果があてにしていた一年生の子は「お断りします!」。

おまけに生徒会長からはもしライブが失敗した時の影響も考えておいてねと言われて、かつてなく弱気になる穂乃果。そんな穂乃果だったが、クラスメイトは応援してくれているのを知り、応募していたグループ名も1通だけとは言っても良い名前があって再びやる気を取り戻す。

もう一回西木野真姫に頼みに行く穂乃果。でも彼女はこれまでクラッシックメインだったからアイドルとかそんなのはとか言う。えー、真姫、第1話で何歌ってたんだよwクラシックとか言うならあそこでひとりでイゾルデの歌でも歌ってなくちゃダメじゃんw

それでも真姫、なんだかんだ言って穂乃果に色々押し切られ腕立て伏せまでやってみせる。そして歌詞カードを渡されてこれでダメならもう諦めるねと。

真姫は穂乃果のどこにやられたか、或いは海未の歌詞がそんなに凄かったのか、やがて穂乃果の所に曲が入った光学メディアが送られて来た。遂にμ'sの歌が出来たのだ。

そして一体どこでどう行われているランキングか分からないが、ランク外だった音ノ木坂学院のアイドル部はRANK999に入ったのだった。
参考資料

|

« 舞台探訪・神様はじめました・川越編 | Start | まおゆう魔王勇者・第2話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/56538062

Folgende Weblogs beziehen sich auf ラブライブ! School idol project・第2話:

« 舞台探訪・神様はじめました・川越編 | Start | まおゆう魔王勇者・第2話 »