« ラブライブ! School idol project・第1話 | Start | AMNESIA・第1話 »

キューティクル探偵因幡・第1話

タイトルと公式トップの絵だけでどんな作品か全く予想出来て居なかったが、つっこみギャグアニメだったか。しかも主人公は人外。

日本円の札を奪い、肖像画部分を除いて精巧な偽札を置いて行く窃盗団ヴァレンティーノ一味。これはもう彼に頼るしかないと警部荻野邦治はキューティクル探偵因幡洋に仕事を依頼する事にした。って、因幡ってドーベルマンだったのかよ。人の姿してるけど。助手が二人いるけど、まともな方は生活費を稼ぐ為のバイト学生だし、男の娘の方はとても接客も出来そうにない人格だし。

それでも成功報酬に動かされてヴァレンティーノの日本のアジトに行ってみれば、古そうな日本家屋。
参考資料
いやいや、こう言う所が穴場なんだ。何しろデ・メトリオの三バカ様ご一行もこんな感じの家に住んでいたろう?

とは言え、ここでもう完全にこの作品がつっこみギャグアニメと分かった。ヴァレンティーノは喋るヤギだし。そして因幡が狼男と知ると、子ヤギ達の敵とばかりに種子島で撃って来る。誰も死なないけど。


警察の犬にして子ヤギ達の敵、因幡洋を片付ける為にヴァレンティーノは暗殺者ガブリエラを使う事にした。ちょうどいい上目遣いになる身長146cm~162cmの下僕に該当しないと言う事で瞬殺してくれると言うガブリエラ。だが、洋に送りつけられた手紙は居なくなった洋の弟遥を騙っているもののどこからどう見ても罠。
参考資料
て言うか、洋はもうそこまでヴァレンティーノ一味に個人情報を掴まれていると言う方がヤバイんじゃ。

罠にのこのこと出かけて行った洋を追って圭と優太が工場に行くが、肝心の洋の方が道に迷って事務所に戻っちゃってる。

洋が登場するまで、ヴァレンティーノはガブリエルに何度頭を撃ち抜かれたか分からんな。


それにしてもマジで主人公は人外
参考資料
あれ?
ヴァレンティーノが主人公じゃないの?

|

« ラブライブ! School idol project・第1話 | Start | AMNESIA・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/56498785

Folgende Weblogs beziehen sich auf キューティクル探偵因幡・第1話:

« ラブライブ! School idol project・第1話 | Start | AMNESIA・第1話 »