« ラブライブ! School idol project・第4話 | Start | 新世界より・第17話 »

琴浦さん・第3話

OPやEDでヒヨリがESP研のみんなと一緒に居るのは今から見たら早まったんじゃないかなあ。前回と今回で琴浦さんへの憎しみに燃える顔をしても「結局は和解して仲間になるんだよね」と思っちゃうと迫力が削がれる。もっとも、そう思わせておいて最後まで対立軸にあるキャラだったりしたら凄い構成だと思うがw

そのヒヨリに義久はどうしてそこまで琴浦さんを庇うのかと聞かれて、俺は彼女が好きなんだ!と公言したのだが、一応その場に琴浦さんは居なくて聞いてない事になっている。でも心が読まれるんじゃバレバレじゃないのか。クラスの男子は黒板に冷やかしの相合い傘を書くが、そんなものに動じる義久ではなく、かえってハートマークが足りんと書き加えたりする。それを苦々しく見るヒヨリ。そう、ここで「でも結局仲間になるんでしょ」って思っちゃうと迫力がイマイチになっちゃう。

お昼をESP研の部室で食べる琴浦さんと義久だが、百合子はもう告っちゃいなよと琴浦さんに勧めるが、恥ずかしがる琴浦さん。とは言っても、椅子をそこまで寄せたらもうバレバレじゃないかw
参考資料

百合子が大智にお弁当を食べさせてやるのを見かけて顔を赤くする二人だったが、だったら琴浦さんが義久にお弁当を作って食べさせてやればいいじゃないと。赤くなってそこまでは出来ないと言う琴浦さんに、だったらお弁当を作ってくるのはいいんだよねと、言う事で、琴浦さんは前向きに考えると答える。

放課後は部員の団結を強める為にカラオケに行くESP研だが、琴浦さんの歌唱力は凄まじい。
その帰り道に明日のお弁当の食材を買いに寄る琴浦さんは、明日のお楽しみと言う事で義久を先に帰らせる。義久の方はお弁当を作って貰えると聞いて天にも昇る喜びよう。昇りすぎだがw そんな訳で帰り道は別々になるのだが、ここでヒヨリの送り込んだ連中が義久を襲撃した。

ヒヨリは腹いせに義久をちょっとだけ痛い目に遭わせようと思って門弟達に嘘をついたのかもしれないが、義久が思いのほか抵抗した為に本格的な喧嘩になってしまった様だ。結果を聞いて慌てるヒヨリ。

そして翌朝学校に来ない義久を心配していた琴浦さんだが、先生がやって来て真鍋は・・と言ったところで心を読んで事態を知ってしまう。大した事ないなんて嘘だ。と、同時に、この事態を誰が引き起こしたのかも分かってしまう。ヒヨリが頭の中で狼狽していたからだ。琴浦さんにじっと睨まれる事で、心が読まれて事態が露見するのを恐れるヒヨリ。琴浦さんに暴露されたら何もかも終わりと。

でも琴浦さんは何も言わず「きっと義久は大丈夫だよ」と言っただけで病院へ向かった。
参考資料
ここで初めてヒヨリの改心ポイントとなるのかな。

病院に行ったら大けがではあるものの、ぴんぴんしていて看護師さんにでれでれしている始末。ここでほっとした琴浦さんだったが、この後、義久の心の中を読んで愕然とした。義久は自分が(何だか知らないけど)狙われて、それに琴浦さんが巻き添えにならなくて良かった、本当に良かったと喜んでいる。でも真相を琴浦さんは知っている。ヒヨリの本当のターゲットは義久ではなくて、自分であり、その結果として義久がこんな目に遭う事になった。

さあ、ここからが急展開。

自分の能力のせいで周りが巻き込まれるのは今迄ずっとあった事。だからもう誰とも接点を持たない様にしていたじゃないか。それが義久やESP研のおかげで忘れかけていたが、結局はこうして巻き込んでしまう事になった。

自分はここに居てはいけない。

義久が退院した時にはもう学校にもマンションにも琴浦さんの姿はなかった。
参考資料

ええええええええ。
こうなっちゃうの?
そりゃこのままずぶずぶとESP研で安穏な話とかになったら第1話や第2話のテンションを維持出来ないとは思って今回見ていたが、ここまで来るか!

|

« ラブライブ! School idol project・第4話 | Start | 新世界より・第17話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/56654640

Folgende Weblogs beziehen sich auf 琴浦さん・第3話:

« ラブライブ! School idol project・第4話 | Start | 新世界より・第17話 »