« PSYCHO-PASS サイコパス・第11話 | Start | 今年の声優さん聞き分け事情 »

To LOVEる -とらぶる- ダークネス・第11話

リトが裸でティアーユとすっ飛んだおかげでティアーユとヤミは顔を合わせて話す事が漸く出来た。ティアーユが研究施設にヤミを置いてきぼりにした負い目を感じていたし、ヤミはティアーユが何も言わずに居なくなってしまった事に見捨てられた様な気持ちを。でもここで漸くあの時の事情をティアーユは話せてヤミはそれを聞けて、何とかこの間の蟠りは消えたかも知れない。

しかしマスターの命令でヤミを「本来の姿」に戻そうとしていた芽亜はティアーユは邪魔になったろう。ナナにヤミそっくりなティアーユ先生を見に行こうと誘われてもチラと見ただけで行ってしまう。図らずもナナはヤミとティアーユにナナが芽亜と仲が良いと言う事から芽亜をよろしくねと言われるのだった。

そんな訳でティアーユの出現によって様子がおかしくなった芽亜を気にしたナナは、芽亜が以前の様に元気になればとあの何もなかった芽亜のマンションに色々な調度品を揃えてやるのだった。
参考資料
その棚にある本はどこからどんな趣味で選んだw

それにしてもいくらお小遣いの半年分前借りとは言っても、これだけの物をプレゼントしちゃうのは流石デビルーク王の王女だろうか。勿論、手縫いのクッションがある訳でお金に物をいわせた訳じゃないんだが。
参考資料

モモは芽亜のマスターと言うのが正体がよく分からない事もあって、念のためにティアーユに「ダズールの種」を渡して護身として貰う。

放課後、ティアーユが教室で一人になった所に芽亜が出現。話がしたいと。ティアーユもあなたと話がしたかったのと言ったので芽亜が近づいた所で金縛り。何の影響なのかと思ったらお静か。服だけを念力で固定したので、無理に動いたら破れて
「あーれー」だそうだ。
参考資料
能登の「あーれー」がはまりすぎて笑えるw

でも予想はされたが芽亜はこんな拘束をものともしない。かえって敵意を向けられて楽しいと迫ろうとしたが、二人を止めようとしたティアーユがすっころんであのダズールの種を破砕。そんな形で発動かよ!

その発動を感知したモモがリトと共に教室に駆けつける。ああ、やっぱり相手を拘束するダズールの種はその場で発動したら相手どころか自分まで巻き添えになるんだね。

肝心の芽亜の方は拘束されずに無事だった。ここで漸く芽亜がティアーユに自分の素性を明かす。イヴ(ヤミ)や芽亜のプロジェクトと平行して進められたトランス兵器の計画、プロジェクト・ネメシスで生まれたネメシスが芽亜のマスターなのだそうだ。研究所が破壊されて何も分からないまま放り出された芽亜にネメシスが生き方を教えてくれたと言う。トランス兵器がトランス兵器を教育したのか。だからネメシスと共に芽亜はトランス兵器として生きると言うが、一方ティアーユはヤミにも芽亜にも人間として生きて欲しいと言う。

そしてリトさんのダメ押しですよ。
人として生きるのを捨ててこの街から芽亜が居なくなったらナナが悲しむぞと。あの、自分の為に一生懸命色々やってくれたあのナナが。

おや、もう一押しかななんて思ったのだが、芽亜は今一度ここで踏ん張る。
リトに身体の隅々までぺろぺろしてくれたら考えるというのだが、
参考資料
そんな事、リトは出来ない。ほらね、人の心なんて簡単に変わる訳じゃないのよと。

そう言って去って行った芽亜だが、ティアーユは簡単に変わらないかもしれないが、心がある事は認めたんだと。さてあと一話。どこまで芽亜を解きほぐす事が出来るのか。

|

« PSYCHO-PASS サイコパス・第11話 | Start | 今年の声優さん聞き分け事情 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/56372601

Folgende Weblogs beziehen sich auf To LOVEる -とらぶる- ダークネス・第11話:

« PSYCHO-PASS サイコパス・第11話 | Start | 今年の声優さん聞き分け事情 »