« 中二病でも恋がしたい!・第12話・最終回 | Start | To LOVEる -とらぶる- ダークネス・第11話 »

PSYCHO-PASS サイコパス・第11話

狡噛のあんな切羽詰まった声は初めて聞いたとか。そんな感じだったっけ?ともかく宜野座達には状況が差し迫っている事が伝わった。

地下では狡噛と泉宮寺の戦いが続いている。そこに宜野座が「ありったけのドローンを急行させろ。一台でもいいから到着させるんだ!」と言ったうちの一台が到着。狡噛はドミネーターを手に入れる。襲いかかる機械猟犬に向けると「執行モード・デストロイデコンポーザー。対象を完全排除します。」
参考資料
ドミネーター、機械に対しても有効なんだ。どう言う脅威判定なんだろう。

ドローンのひとつが到達する程に宜野座達が近づきつつあった。縢がジャミング装置を発見して破壊。ここに至って槙島は泉宮寺に対して公安局が迫りつつあるからと撤退を勧める。

が、泉宮寺はそれを了としない。

今や泉宮寺は狩りであった筈のものが、相手が反撃して来る決闘に昇格した事でこの新鮮な刺激をやめられなくなっていた。そして槙島にもここで逃げ出す私を見るより闘う姿を見たいのだろうと。

こうして決闘は続行。泉宮寺の撃つ散弾が狡噛をかすめ、狡噛のドミネーターも泉宮寺の片腕を奪う。両者負傷したところで、泉宮寺が狡噛の血痕を辿って追い詰める。しかし追い詰めたと思った先で息を潜めていたのは狡噛ではなくてゆき。狡噛は背後にいてドミネーターで泉宮寺を排除する。
参考資料

しかし狡噛も深手を負っていて、手から落としたドミネーターを拾う事も出来ずに倒れ込む。ここは色々なポイント。ひとつはまやが槙島に連れ去れる結果になる。これはこの後の朱の試練になってしまう。そして狡噛はドミネーターを手に出来なかった点。ドミネーターを握ったままだったら槙島にそれを向け、その結果が分かった筈だが、それがかなわない。そして狡噛は動けない重傷となった為に朱はひとりで槙島と対峙せざるを得なくなる。

これら全てがこの後の朱の悲劇に繋がる。

遅れて朱と征陸が倒れている狡噛の所に辿り着くが、ゆきが連れ去られたと聞いた朱は処置を征陸に任せて単身犯人(この時点では槙島と知らない)を追う。ゆきの悲鳴を頼りに槙島に追いつくが、これは後から考えたら下手に追いつかない方が良かったね。

朱がドミネーターで槙島を狙うも、槙島の犯罪係数は低い。ドミネーターは安全装置がロックされる。槙島は持っていたライフルを放り出して、自分を止めたいのならこれで撃ってみろと。それはシビュラシステムに任せていた人の善悪の判断を離れ、自分の考えで自分で相手を撃つと言う事だ。そんな判断、今の朱には到底無理。ゆきに危機が迫っているものの、ライフルの弾はまるで見当違いの方にしか撃てない。そんな自分で何も出来ない朱に対して槙島は失望したよと、ゆきの喉をかききる。
参考資料

目の前で友人を見殺しにした結果となった朱。ここで究極の試練とその失敗か。
それにしても虚淵脚本だとここで容赦するなんて事はやはりなかったか。

|

« 中二病でも恋がしたい!・第12話・最終回 | Start | To LOVEる -とらぶる- ダークネス・第11話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/56365747

Folgende Weblogs beziehen sich auf PSYCHO-PASS サイコパス・第11話:

» PSYCHO-PASSサイコパス~第11話「聖者の晩餐」 [ピンポイントplus]
 人間の心理状態が数値化され、それをもとに裁かれる世界。治安維持にあたる刑事たちの物語「PSYCHO-PASS」が一定値以上の「潜在犯」をとりしまる、第11話。猟銃をかまえて照準を定... [Mehr erfahren]

verlinkt am 23. Dezember 12 um 12:11

« 中二病でも恋がしたい!・第12話・最終回 | Start | To LOVEる -とらぶる- ダークネス・第11話 »