« 今期の少女アニメ三作が大当たりだった件 | Start | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ・第10話 »

ガールズ&パンツァー・第9話

こんなに手に汗握るアニメが最近あったろうか
「いや、ない、反語」(by キザーロフ@プリズムアーク)

費用のかかる学園艦は統廃合する事になって廃校を通知されていた大洗女子学園。いわゆる仕分けされてしまうって訳ですね。それにしても、そんな通知を学園の理事会とかでなく生徒会に言うとか、猶予が1年とか、学園艦は学園だけでなく街もあったのにそっちの住民はどうなるんだとか、無茶な話はもう置いておくしかないw

それで生徒会長はだったら戦車道で全国優勝したらまさか優勝校は廃校にしないよな、と言う事でこの戦車道にかける事になった。これもまた無茶な話で、別に戦車道でなくとももうちょっと実績がある物で優勝狙えば良かったのに。まあ全ては話の大枠を構成する為って事で。そもそも戦車道と言う芸道がめちゃくちゃな虚構なのだから。好意的に解釈するなら、一度廃れた戦車道で優勝すると言う高いハードルだからこそ文科省の役人もそれならと言ってくれるのを期待したのかもしれない。

「あと1年泣いて学校生活送るより、希望を持ちたかったんだよ」
参考資料
この台詞は良かったなあ。

しかしこの絶望的な状況、そしてこれで負けたら廃校、そんな状況ですっかり意気消沈してしまうみんな。だがみほは諦めていなかった。未だ負けた訳じゃない、何とか勝ちましょうと。それに先ずはあんこうチームのメンバーが応えてやがて全員も再度戦う事を誓う。

とは言ってもこの寒い中、暖を取る物もなく、温かいスープがある訳でもなく、壊れた部分の修理をする以外は寒さに震えなくてはならない。この間に優花里とエルヴィン、麻子とそど子が敵の偵察に出る。北緯50度以北の夜間の雪中だと言うのに随分軽装でほいほいと出て行ったな。雪の進軍をずいぶんとにこやかに歌いながらw

その甲斐あって敵の戦車の配置が判明。みほはこれによって「ところてん作戦」を立案する。一方でカチューシャの方はわざとフラッグ戦車の方を手薄にしてそこに大洗女子学園が突っ込んで来たのを袋だたきにしようと言う配置だった。とは言ってもそれって自軍の配置を相手に知らせないと出来ない様な気もするが。

三時間の猶予時間は戦車の修理には有効だったみたいだが、寒さで士気はだだ下がり。桃が隊長なら何とかしろと無茶ぶりをみほにするが、ふられたみほがあんこう踊りを始める。
参考資料
「おかしくなられた」(by ヒス@ヤマト)

でもあの恥ずかしがり屋のみほがと言うのでやはりここでもあんこうチームのメンバーから参加。結果的にはこれで身体も温まった様だし、士気も回復した様だ。全国放送されていたみたいだがw そこにプラウダ高校の伝令がやって来る。みほは降伏はしない。最後まで戦うと回答。

戦いは再開。大洗女子学園は建物の中から縦隊で突進する。カチューシャは狙い通り大洗女子学園がフラッグ戦車の方に向かったと思ったが、そうではなくて配置の厚い方向に進出。慌てたプラウダ高校の虚を突いてダメージを与える。ここで生徒会の38t戦車、就中生徒会長が八面六臂の大活躍。1輌で交戦を引き受けてプラウダ高校の戦車を引きつけ、2輌を撃破。最後にはやられるが砲手は最初から会長にしておけばよかったのに。

残りの5輌をプラウダ高校が追撃する。そこでさらにみほはIV号とIII突・ルノーと八九式とM3に分かれ、IV号とIII突で敵フラッグ戦車を撃ちに向かう。ここでも優花里が偵察に出て敵フラッグ戦車を発見。IV号とIII突はそちらに向かった。一方で大洗女子学園のフラッグ戦車を守ろうとルノーとM3は後ろに入って各々を盾にしながら逃走。

どちらのフラッグ戦車が討ち取られるのが先かの勝負になった。大洗女子学園の方はたった1輌になったところを照準を定められ、プラウダ高校の方はIV号に追い立てられてIII突の目の前に誘導され、両者が砲撃を受けた所で今回の時間切れ。

おい、来週、はよ!

話の流れ上はここで大洗女子学園が負けたら終わっちゃうからそんな事は無いとは思うが、やはり気になる。私、気になります!(久しぶりに使った記憶が)

そしてEDに新しいバージョンが。OPで出ていたこの三人はどうなるの?と思っていたが、どうやら新しい戦車で新しいチームとして参加しそうだ。
参考資料
これ、三式中戦車?
と言う事は、存続するって事だよね。
次回のサブタイが「クラスメイトです!」なんで同じクラスの子か。

|

« 今期の少女アニメ三作が大当たりだった件 | Start | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ・第10話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/56301282

Folgende Weblogs beziehen sich auf ガールズ&パンツァー・第9話:

« 今期の少女アニメ三作が大当たりだった件 | Start | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ・第10話 »