« 好きっていいなよ。・第13話・最終回 | Start | 元旦 »

CODE:BREAKER・第13話・最終回

うーん、話が大きくなっちゃったせいで話が堅くなりましたね。

或る意味大神が言った様に人見は犬死にみたいな形になってしまった。社会構造は何か変わった訳ではなく、コード:ブレイカーが世間に認められた訳でもなく。ただひとつ、大神が大きく成長したと言う点だけだろうか。

何より一番不満だったのはヒロイン桜が完全に後景になってしまった事。思い出したかのように珍種扱いされるが、全く話の流れにも構造にも影響を与えなくなってしまった。もしこうなったら無粋とは思うが桜が人見のコード:エンドをキャンセルするとか、曖昧にするとか、それ位の影響力を持てなかったのだろうか。
参考資料
いませんよ、桜がここに。
そして後の祭り
参考資料

そして曖昧な立ち位置に見えた(そう見えた)のが藤原総理。仮にこの最終回でペラペラ饒舌に喋った事が本心で本当にそうだったとしたら、あんなに喋るのはおかしいだろう。黙って人見が自滅するのを待つとか。それから最後に平家と二人になった時がまた喋りすぎ。まるで平家に裏切れと言わんばかりだ。
参考資料

結局、このシリーズで一番好きだったのは変態チックな平家先輩だったw

|

« 好きっていいなよ。・第13話・最終回 | Start | 元旦 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/56438564

Folgende Weblogs beziehen sich auf CODE:BREAKER・第13話・最終回:

« 好きっていいなよ。・第13話・最終回 | Start | 元旦 »