« お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ・第5話 | Start | PSYCHO-PASS サイコパス・第5話 »

中二病でも恋がしたい!・第6話

六花が部員用のTシャツを作って来た。しかも部員個人に合わせた文字を入れて。でも勇太はそれをないがしろに。着ないと言う意思表示にしても、もう少し優しくしてやれよ勇太。放り投げは可愛そうだろう。もっとも、後で着るんだけど。

さて、今回のメインはこの二人ではない。特に六花ではない。六花は友達が少ないが、勇太とてそう多くない友達の中の中二病ではない唯一の友達の一色誠がメイン。誠に何故かラブレターらしきものが届いた。勇太は最初はいたづらじゃないかと考えるが、一応女の子が書いた様な文字で、土曜日の放課後にイチョウの木の下に来て欲しいと書かれている。

大いに動揺する誠。あれ、誠ってこう言うキャラだったんだ。クラスの女の子投票とかしてる様子などを見て、もっと強いチャラ男かと思ったのに、まったくぜんぜん弱いじゃないか。
参考資料

差出人は一応クラスの子らしいが、誰だろう、ひょっとして丹生谷かなとか言うので、勇太は全力で否定。そりゃあんな性格の森夏がこんなラブレター出す訳が無い。

その森夏、部室で六花や早苗が例によって盛り上がっている所に対早苗兵器の「なまあたたかい牛乳」を持ってやって来た。前回の早苗の持っていたのもそうだったが、この学校は瓶牛乳を売ってるのか。生暖かいって事は、森夏はわざわざ昼休みとかに買っておいて温くしたんだろうな。そうまでして早苗に逆襲したかったのか。或いは結社の部活は結構気に入ってるのか。

ところが早苗と争っている所に誠がやって来た。森夏、見られちゃいましたね。勇太は誠を認めた時点で「何か用(多分あのラブレターの件)か?ここじゃ何だから別の所に行こう」と、森夏と誠の両方を助けてやれば良かったのに。

森夏の意見もクラスの誰かからのものだろうとの事。俄然ドキドキの誠。森夏はさっき部室で見た事は忘れてるわよねと誠を脅して先に帰る。続いて誠は土曜日までに誰が来ても大丈夫な様にクラスの子全員のシミュレーションをすると言ってあたふたと帰った。あたふたと。
参考資料
あー、その大事なメモ帳を落としてますよ。

勇太が気づくかなと思ったが、六花が手を繋ぐなんて事をして勇太をびっくりさせてしまったので、そっちに気を取られてやはり気が付かなかった様だ。六花のあの手つなぎは何だったのだろう。単に中二病的な演出をしたかったのか。或いは誠の相談が森夏にしか出来なくて、勇太が森夏を頼りにしたのに妬いたのか。どのみちそれで勇太は誠が落としたメモ帳に気が付かなかった訳だが。

そして誠が落としたメモ帳はクラスの猪俣に拾われて大事になる。

ホームルームで男子の誰かがクラスの女子のかわいい子投票をしたと女子達から糾弾されるのだ。針のむしろの男子達。
参考資料
ここは誠が泥をかぶって・・・なんて所まで強いキャラじゃないか。普通の男子高校生じゃね、糾弾会で自分を捨て石になんて事は出来ないよね。ここでバレたら土曜日の女の子は呆れて来てくれないかもしれない、でも結局後から露見したら同じ事、だったら今ここで自分から名乗り出た方が得策、と考えた誠がそれは自分のメモ帳だと手を挙げた。全部自分一人でやった事で、他の男子は関わっていない。ごめんなさい、で終わらせれば良かったのに、けじめをつけて坊主になりますと言ってしまった。

その場はそれで収まったかもしれないが、坊主になりますは反故にはされそうにない。誠はそこまでする必要も無く済むだろうと安易に考えていたかもしれないが、第三者の目で見た勇太の意見はそうじゃない。ここは本当に坊主にならないと女子の疑心は晴れないだろうと。やって来た森夏も同じ意見。万事休すの誠は、仕方なく坊主になるのを決意する。えー、髪をバリカンで刈るの、勇太がやるんだ。つーか、その道具はどこから。

断髪式が終わって、中に入るみんな。勇太から笑うなと言われていたのに森夏と早苗は容赦なく笑う。でもその中でくみん先輩だけは違った。坊主頭が気に入った様だ。触ってみたくなる程に。誠、土曜日の子とうまく行かなかったらくみん先輩に告白しちゃえよw

その土曜日の放課後、手紙を出した子はそこには訪れず、身を挺して波及を止めた事に感激した男子達がやって来た。ひょっとして手紙の子は様子を見ていたのかもしれないが、あの状態じゃ出て行くのは無理だったろう。

誠、なんつーか、良かった様な残念だった様な、まあどちらかと言うと大いに残念な結果になったなあ。
一色家は父親が30代半ばで髪の毛が無くなったらしいし。もっとも、父親がそうだからと言って必ずしもそうなる訳ではない。

|

« お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ・第5話 | Start | PSYCHO-PASS サイコパス・第5話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/56070865

Folgende Weblogs beziehen sich auf 中二病でも恋がしたい!・第6話:

« お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ・第5話 | Start | PSYCHO-PASS サイコパス・第5話 »