« トータル・イクリプス・第18話 | Start | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ・第5話 »

ガールズ&パンツァー・第5話

対戦相手を決める抽選後、パンツァーファミレスでお茶する「あんこうチーム」(この時点では未だその名前が決まっていない)の5人。秋葉原でガルパンのパンツァーファミレスをはよ。

するとみほの事を「副隊長」と呼ばわるものありけり。黒森峰女学院の現副隊長逸見エリカだった。ちょw、黒森って、シュバルツバルトを意識してるのかw

戦車道のイメージを落とす様な弱小校は全国大会の出場を見合わせるのが暗黙のルールだとか、とても失礼な事を言うので、憤るあんこうチームのみんな。麻子がそう言う弱小校に強豪校が負けたら恥ずかしいからそんなルールがあるんだろうときついお返し。そんな会話だが、みほが以前は黒森峰女学院の副隊長だったと言うのが分かった。そして優花里の反論を聞いてみると、ある戦闘でのみほの判断は黒森峰女学院では判断ミスと言う事になっている様だが、そうではないと言う意見もあるらしいのが分かる。その辺りの過去の事件でみほは戦車道と黒森峰女学院を捨てて大洗女子学園に来たのだろう。

ぶざまな戦い方をしない様にね、と捨て台詞を言われたが、確かに初戦は物量に物をいわせるサンダース大学付属高校。相手は戦車の性能も上だし、輌数も多いとなると一体どんな戦い方が出来るのか。生徒会は絶対負けられないとプレッシャーをかけてくる。でも負けたらとても困る事があるらしい。

せめて相手のチーム構成が分かればと呟いたみほ。ああ、これは優花里が敵情視察をして来る前振りだなと思ったら、案の定翌日優花里は練習に出て来ないし、電話での連絡も取れない状態になった。

心配したあんこうチームのみんなは優花里の家に行ってみる。優花里の友達が家に来たと言う事で驚いた両親、特に父親が挙動不審になるが、部屋に通してくれて学校に行ったまま未だ帰って来ていない優花里を待つ事になる。完全に戦車マニアの部屋です。でも、先週の好きっていいなよで黒沢大和の部屋が出たが、あそこは広い部屋に机とベッドしかなかった。そんな部屋がこの世に存在する筈がないと思った私は優花里の部屋の方が断然落ち着く(をい

そこに窓からサークルKサンクスの服を着て帰って来た優花里。やっぱりサンダースの敵情偵察に行っていたのだ。サンコーレアモノショップで売っていそうな小さいビデオカメラで写して来たのをさっそく見せてくれる優花里。いや、撮っただけでなくて編集されてるじゃん。一体どんな時間があったんだ。そう言えば、サンダースの艦に行くのに、サークルKサンクスの輸送艦に乗って行った(だからその服)のだが、帰りはどうしたんだろう。輸送艦が長い時間泊まっていたからそれで帰れたのか。そして輸送艦の中で編集したのか。とりあえず、そう解釈しておこう。この作品は不必要に細かい所を突っ込んじゃいかんだろう。こちらで好意的解釈しなくちゃ。

優花里によって極めて重要な情報が得られる。サンダースはファイアフライ1輌+76m砲搭載シャーマンA1を1輌+75m砲搭載シャーマンA1が8輌の合計で投入枠目一杯の10輌で来るのが判明。但し、フラッグ戦車のディフェンスは強化無し。なんて事を積極的に聞いたものだから目立ちすぎて怪しまれ、スパイがバレてしまう。
参考資料
バレル時の所属と階級を問われた時に、優花里は「第6機甲師団オッドボール三等軍曹」と答えたが、そこで壇上の三人がこけたから元ネタがあるなと思ったら、戦略大作戦と言う戦争映画に出た名前らしい。

無事脱出出来た優花里に良かったと言うみんな。連絡が取れないからと言って部屋まで来てくれた4人に優花里がしみじみと感謝。
参考資料
この辺り、そんな凝った演出じゃないけどいいよね。


ともあれこれで相手チームの構成が分かり、兵器面では非常に不利な大洗女子学園がどう戦うのかみほは戦略を立てられた様だ。ところが実際に戦闘が始まってみると、こちらの動きが読まれている様な敵戦車の動き。偵察に出たウサギさんチームのM3は6輌に囲まれそうになり、それを救援に向かったあんこうチームの4号D型とアヒルさんチームの八九式も3輌に迎え撃たれる。

あまりに動きを読まれるのを訝しんだみほが空を見上げてみたら通信傍受気球が上がっていた。こちらの通信が聞かれていたのだ。沙織とかはずるいと言うがこれは反則じゃないとの事。ならばその裏をかこうとみほが戦術を変える。

敵将ケイは侵攻方向を指示するアリサに「今日のアリサの勘、どんぴしゃね」と言っているので、ケイは通信傍受が行われている事は知らないらしい。

傍受されている通信で、ジャンクションで敵を挟撃しようとみほは話す。フラッグ戦車の38tがジャンクションに配置され隠れていると思ったアリサはケイにジャンクションへの三方向からの侵攻を指示。八九式が囮となって砂ぼこりも立てたのでそれを信じて進んだシャーマン2輌は待ち構えていた4輛の砲撃を受ける事になった。III突の威力は流石で1輌を撃破。M3の砲撃はあたらねーw

無名校大洗女子学園が優勝候補のサンダースの1輌を撃破したとあって、どよめく観客席。
巨大モニタを積んでいるのはレオポルド列車砲の車体でありますw
参考資料

|

« トータル・イクリプス・第18話 | Start | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ・第5話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/56057540

Folgende Weblogs beziehen sich auf ガールズ&パンツァー・第5話:

« トータル・イクリプス・第18話 | Start | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ・第5話 »