« BTOOOM!・第1話 | Start | K・第1話 »

武装神姫・第1話

冒頭のナレーションで違和感を感じたのだが、なんでまたそう言う生活のパートナーの自律フィギュアが戦いをしなくちゃならないんだ。と言う所を突っ込んだら負けなのかw

マスター理人と一緒に旅をして日本のどこかの町に到着したアン。
参考資料
(これ、一体どんな支柱だよ!どこで支えてるんだよ!)
武装神姫は15cm高と言っていたので、1/8スケールフィギュアより若干小さい人間タイプかなと思ったら、関節部分とかは本当に可動フィギュア然としてるんだね。

翌朝(と思われる)、理人を起こしてくれる武装神姫のアン。なんでまた理人はソファーに寝てるんだ、まるで女の子を連れ込んだ時のシチュエーションみたいじゃないかと思ったが、ああ、引っ越し荷物がまだ全部届いていなかったんだ。朝食を摂って学校に出かけようと言うタイミングで大量にお届け。まあ、住人が不在だから階下の家に引っ越し荷物を届けるってのよりはマシですな。

朝食の準備とか諸々手伝ってくれるアン。しかもこの後で引っ越し荷物を理人が学校に行っているあいだに全部片付けてくれると言うのだから、なんて便利なんだ、武装神姫。でも小さい身体でそれを行うものだから、失敗はつきもので、白い液体をぶっかけてしまったりする。

何というお約束。

理人が学校に行っている間に荷物の片付けをすると言ったアンだが、その荷物の中から別の武装神姫登場。アイネスとレーネで、アイネスは先にマスターと一緒に来たアンをひとりだけマスターと一緒とか詰るが、確かに何でアイネスとレーネは荷物扱いだったんだろうね。自律して動けるのだから一緒に連れてくれば良さそうなものを。

アンに文句を言いながらもアイネスはマスターの為に引っ越し荷物のお片付け。あれだけちっこくても三人でやると結構出来る物だ。しかしアイネスが休んだ定規が梃子になってナイフが「大事」と書かれた箱にぐっさり。マスターの大事な物が大変な事にと焦った武装神姫達だが、おりからの風に煽られて中から出て来た手紙が窓の外に。

いや、普通は一つの窓を開けただけじゃあれだけ吹っ飛びませんからw

それはともかく三人は飛んで行った封筒を追いかけて、外に。封筒はクララにぶつかって落下。その封筒を見つけたアン達が着陸するが、こんなものを投げつけて挑発したお前らに勝負を挑む、とバトルフィールドを展開するクララ。

最初はアイネスが相手をしていたが、流れ弾で「大事」な封筒が焼け焦がされてアンがぶち切れ。昨年の大会準優勝のクララをねじ伏せてしまった。
参考資料

戻ってみると、マスターが開けたその封筒の中からはディスクが。理人が小さい頃にアンの為に作った部屋だったのだ。そして、もうひとつ出て来た箱。その箱の中からはひとりの武装神姫が。OPでは4人が出ていたので、一人足りないなーとは思っていたが、4人目はこれで加わるのかな?でも目つきが悪いね。
参考資料
まるで僕Hでリサラ、キュール、イリアの3人の所に後から加わったダルニアみたいじゃないかw

|

« BTOOOM!・第1話 | Start | K・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/55820655

Folgende Weblogs beziehen sich auf 武装神姫・第1話:

« BTOOOM!・第1話 | Start | K・第1話 »