« 貧乏神が!・第10話 | Start | 舞台探訪・アクセル・ワールド・秋葉原編(第22話) »

恋と選挙とチョコレート・第9話

ここに来て新キャラが!と思ったら、噂には登場していた前治安部長の大沢ゆいなだったか。裕樹がビラを持って歩いているとぶつかってしまった相手が昨日までずっと休んでいたと言う「ゆいな」。だから生徒会長選挙の予備選で当選した執行三部以外の候補の大島裕樹って知らないと。でも後から考えればこの時点で知らないと言う訳でもないよね。しらばっくれたのか。
参考資料

先に進むと皐月と葉月が何やら揉めている。裕樹は気になって立ち聞きするのだが、内容的にはあの日の将棋対決の事だった。そんな事を立ち聞きを見つけられた裕樹は皐月から話されるのだが、裕樹は千里をほっぽらかして立ち聞きに行ったのか?これはちょっと変なんじゃ。但しこれは千里が裕樹に置いて行かれると言う焦りを感じる要素として必要なんだけど。

毛利がアドバイスしてくれた場所で立ち会い演説会の準備。希美が用意したゴージャスな演台で裕樹は支持を訴える事になるが、そのゴージャスな演出の為の主電源は愛と綺衣。
参考資料
ああ、これがOPで二人が一生懸命こいでいた場面か。でも何でこの二人がうってつけの役割なのか分からなかったが、Wikipediaのキャラに関する記載で分かった。「学園中を2人で自転車で爆走する姿は学園の名物となっている。」なのだそうだ。

この立会演説の最中に、衣更がビラを配っていると経特生の衣更をいじめる生徒が出現。見かねて裕樹が飛び出すが、千里がそれを押し止める。候補者がここで騒ぎを起こす訳には行かないと。収まらない裕樹だったが、ここで治安部がやって来た。

全て見ていた。君達の行為は生徒心得に違反する。生徒手帳を見せろ。後で治安部に出頭しろと。治安部、圧倒的だな。
参考資料
この後、治安部がこの件で介入して来たのは意外だと言われる。今迄は治安部は経特生に関する事は不介入が多かったからだ。これはやはり毛利が裕樹の選挙活動がうまく行く様に治安部の部員をはらせていたのだろうなあ。

その毛利は今回の選挙で政権を失っても次回の選挙の為に行政三部と関係ない裕樹を治安部としては応援するが、片平派には知られない様にと引き締める。

番記者の汐浜は裕樹が衣更を庇おうとした場面を写真に撮っておきたかったと言う。そして経特生については以前、前治安部長だった大沢がタレコミだけで或る経特生を犯人扱いして名前まで公表し、挙げ句にそれが事実無根だったと言う事件があった事を教えてくれる。

これまでの事もあって、裕樹は選挙公約に経特生へのいじめを無くすと言うのを入れたいとみんなに提言した。ただやはりこれは安易な発想だろう。千里がその公約は票になるどころか票を失う可能性があると。生徒の半数は経特生を下に見ているからだそうだ。色々と生徒の質が酷い学校なのだが、今がそうだとして裕樹はそれをどう変えられると思っているのか。呼びかけだけで簡単に変わるものじゃない。だからそもそもの経特生と言う制度の構造を変えようとしている皐月の方が断然合理的だ。以前皐月の公約を裕樹が知った時に思ったのだが、裕樹はその整合性をどうするつもりなんだろう。

さて、出所wして来た大沢ゆいな。謹慎処分を受ける様な事件を起こした性格に合わせて片平派の息がかかっていると言うのだが、どう動くかね。

辰巳は「強い味方」と思わせぶりな台詞をへのへのもへじ無しで口走っていたが、やはり片平派とか大沢あたりがそうなんだろうか。


で、裕樹が事故ってのはどうせ大した事ないんだよねw
予告でぴんぴんしてたし。

|

« 貧乏神が!・第10話 | Start | 舞台探訪・アクセル・ワールド・秋葉原編(第22話) »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/55602955

Folgende Weblogs beziehen sich auf 恋と選挙とチョコレート・第9話:

« 貧乏神が!・第10話 | Start | 舞台探訪・アクセル・ワールド・秋葉原編(第22話) »