« TARI TARI・第13話・最終回 | Start | 舞台探訪・TARI TARI(合唱 時々 侵略部)・江ノ島編 »

はぐれ勇者の鬼畜美学・第12話・最終回

この作品はどうにも期待が外れたと言うか納得がいかない作品だった。

私の常として原作を読んでいないのでタイトルとか第1話で作品の印象がまず形成されるのだが、「鬼畜美学」って一体どこにそんなものがあったんだ。序盤では暁月がぱんつを脱がすとかあったが、ほとんどご挨拶程度でその後大してその技が使われない。鬼畜と言うからにはシリーズ通してやって貰わねば。

さらには暁月のキャラがちっとも鬼畜ぽくない。ただ、これは良い方向の予想外れで、普通の作品だったらご都合主義に彩られた完璧人間で嫌味っぽさがたらたらになるものなのだが、暁月は何でも出来るのだが何故か妙にさっぱりした感じがして暁月自身のキャラは嫌いじゃなかった。あっちこっちファンには申し訳ないが、出来るキャラの音無伊御が鼻について女の子キャラはまあ良かったのに結局3話で切ったのとは正反対だ。って、この2キャラは声優さん(岡本信彦)が共通じゃないか!なんてこったいw
参考資料

もうひとつの期待はずれは生徒会長の氷神京也。序盤でもの凄い意味深な登場をしていて、あれだけ暁月に絡んでいて後半はすっかり雲隠れしてしまった。お前は一体なんの為に出て来たんだ。原作既読の人には氷神京也の活躍はこれからだ、と言う話なのかもしれないがアニメ単体で見たら全然納得出来ないよ。そう言う意味ではコクーンだとか最終回の後半で登場して色々好き放題語ってくれたが、これ最終回でやる事じゃない。俄にこの作品は分割二期だったのかと思ったのだが、そんなアナウンスが無いので現時点で二期の話は無いんじゃないだろうか。二期の前提無しでこの終わり方はどうなんだ。
参考資料

さらにもうひとつ期待はずれが五泉千影。あの第2話の体育館倉庫の場面はどうなっちゃったの?
参考資料
あれが全てだと思っていたのにw、その後全然そんな様子が無いじゃないか。あの場面こそはこの作品の鬼畜美学たる方向性を示しているんじゃないかと期待した視聴者に一体どうやって詫びてくれるのだw

こんな感じでかなり宙ぶらりんな気持ちのまま見続けて、最終回が「俺たちの戦いは~」な終わり方だったのでどうにもこうにも消化不良な印象で終わった。

でも、わざわざ最終回でこう言う事を書くので、全くダメとかそう言う訳でもない。
箸にも棒にもかからなかったら言及すらしないので。

|

« TARI TARI・第13話・最終回 | Start | 舞台探訪・TARI TARI(合唱 時々 侵略部)・江ノ島編 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/55745064

Folgende Weblogs beziehen sich auf はぐれ勇者の鬼畜美学・第12話・最終回:

« TARI TARI・第13話・最終回 | Start | 舞台探訪・TARI TARI(合唱 時々 侵略部)・江ノ島編 »