« ゆるゆり♪♪・第12話・最終回 | Start | 貧乏神が!・第12話 »

人類は衰退しました・第12話・最終回

あ、学舎編が続いている。前回最後に花先輩・魔女先輩がちょっとだけ出て、豪勢な配役だなと思ったが、最終回に続いたのか。

巻き毛のせいでのばら会に引きずり込まれた「わたし」。学舎では単独行動(あまり「一匹狼」と言う表現を使いたくなかった)を望んでいた筈の「わたし」だったが、これによってのばら会に属する大層なお方になってしまう。それはあまり「わたし」が望んでいた事ではないだろうが、流されていると言う事か。

そののばら会で校舎の見取り図のページが欠けた本を見て「わたし」が興味を持っていると、それは嘗てのばら会に居た「銀髪」が見ていたと言う話を聞く。あのYがのばら会に居たのだ。そこで興味を持った「わたし」が銀髪の足跡を調べ始め、程なくして銀髪の秘密の部屋を見つけてその嗜好も暴き出す。

あ、因みに私もトーマの心臓を読みましたよ、高校時代にw

銀髪の嗜好を暴いた「わたし」は、銀髪を痛めつけるかの如く何度も何度も「同性愛」の部分を繰り返して素敵ですねーと。
参考資料

自分の秘密がバレた銀髪はすっかり取り乱す。
参考資料
あんた、姫子だったのかw

自分の秘密にしていた嗜好を握られた銀髪は「わたし」に取引をしようと持ちかけた。それは宿舎の見取り図から判明した余計な空間を通って様々部屋へ至る道。そしてそこから分かるのばら会のメンバーの恐ろしい内面。花先輩はむかつく事をひとつひとつメモに取ってポイントにしていた。それ、クロミノートかよw 魔女先輩はお気に入りの相手らしき人物の髪の毛一本一本を蒐集している。うーん、まあ気味悪いけど害は無いかも・・ A先輩とB先輩は単なるシンクロ同期二人娘ではなくて、実際は柄の悪いおっさんキャラ。まあこれも害は無いと言えば無いかも・・ しかし止めはルームメイトの巻き毛。「わたし」に固執する度合いは異常で、しかもそれが直接危害に繋がりかねない。こりゃいつ寝首をかかれるか分かったもんじゃないな。

銀髪からの有益な情報により、「わたし」はのばら会からは距離を置き、その一方で単独行動同士の銀髪と一緒に居る事が多くなった。しかしこれだとのばら会のあの面子からは恨まれそうな気がしたが、特に対立する訳でもなく、銀髪を含めた和解の様なものが成立した様だ。

そんな学舎での生活も、学舎の生徒が減り、やがて廃校が決まる。マンションを建てる為に理事長が廃校を決めたのですね、分かります。ってこれが衰退している故か。そして学舎生活の終わりが近づいた時、あの通路を通って辿り着いたロボットの倉庫で「わたし」の頭の中に嘗ての妖精の事が浮かんだ。だが、妖精は見つからない。そうだったのか、妖精はそう簡単に出くわせる相手じゃなかったのか。「わたし」は余程妖精との相性がいいんだな。

そしてこのエピソードの冒頭に戻り、「わたし」の所には学舎時代の友人Yが訪問して来た。そのYは学舎の後始末をして車にあのRYOBO230rを積んで来ていたのだ。動かなくなったRYOBO230rを。RYOBO230rを修理出来ないかと妖精さん達に聞いても再起動は出来ても魂は復活しないとの事。しかし、そのRYOBO230rの中からは学舎時代に殻に籠もって孤立していた「わたし」を解き放ってくれたあの妖精さんが出て来たではないか。
参考資料
そんな掴み方しちゃ妖精さんが潰れちゃうよw


人類は衰退しましたは、名前だけは(特長もあるし)放送前から知っていたが、名前先行で期待外れになるんじゃないかなと思ったのが、話の内容と、そして見事な中原麻衣劇場によって毎週随分と楽しく見られた。将来また続きがあってもいいよね。どうせ時系列はもう色々なんで。

|

« ゆるゆり♪♪・第12話・最終回 | Start | 貧乏神が!・第12話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/55697813

Folgende Weblogs beziehen sich auf 人類は衰退しました・第12話・最終回:

« ゆるゆり♪♪・第12話・最終回 | Start | 貧乏神が!・第12話 »