« 舞台探訪・アクセル・ワールド・秋葉原編(第21話) | Start | ココロコネクト・第9話 »

アクセル・ワールド・第21話

赤の王、ニコに心意の力について相談を依頼する春雪。もっとも、最初は相談事としか言わなかったので割合すんなり会ってくれたが、ぼそっと心意の力についてと言ったら途端にニコの表情が変わったw
参考資料
参考資料
それまでは春雪お兄ちゃん相変わらず丸いね、とか、博士もおひさ相変わらず暗いねとか言っていたのに。

奥の部屋借りるよと言う事で行った先はケーブルを使わないとグローバルネットにも接続出来ない様な隔離された場所。そこで何故こんな話を持って来たのか尋ねる赤の王。春雪は能美の事を話したのだろうが、それはよそのレギオンの揉め事で、このままネガ・ネビュラスが潰れてくれた方がこっちには都合が良いと言う。ああそうか、春雪が話す内容だけだと杉並区内部での揉め事になるのか。見てるこっちは既に能美があるグループの一員でそのグループをこのままのさばらせておくのはまずいだろうと思っていたので、赤の王が手伝うのに意味があると思っていたのだが。

それでも前の借りのお返しだと言う事で拓武に心意の力の使い方を教える事になった。

流石に王だけあって心意の力がどんなものかよく知っている。4種類あるのだそうだ。でも赤の王が使えるのはその中の2つ。アバターの特性で使える力も変わってくる。そして拓武=シアン・パイルが心意の力を使える様になるには自分の心の傷と向き合わなくてはならないと。

と言うわけで、拓武はその昔道場で遭っていたいじめについてはじめて語る。春雪が聞くのもこれが初めて。

「あんたの傷、しかと聞いたぜ。その恐怖を乗り越えられればお前は真の近接型として攻撃威力拡張の心意をマスター出来るだろう。」
参考資料
と、小学生の女の子が申しております。

どんな小学生だよ。

拓武が心意の力を獲得する修行をする間、春雪はレパードさんに引っ張られて能美が対戦リストに出て来ない秘密を探りに秋葉原へ向かう。秋葉原は黄のレギオンの中にあって黄の王の力が及ばない独立したエリアだと言う。そこに様々なアバターが集うのだが、ここで情報を聞きだそうと。

実は秋葉原でもマッチングリストに登場せず、相性のいい相手と戦って荒らし回っているヤツがいるのだ。このままでは秋葉原の存在意義が失われる。だからお互いそれに関する情報を交換しあおうじゃないかと。秋葉原でマッチングリストに出て来ないヤツの名前は「ラスト・ジグソー」。
参考資料

ダスク・テイカーではない。そしてサルファ・ポットでもない。やはり彼らのグループがあって、そう言う連中が動き回っている様だ。

|

« 舞台探訪・アクセル・ワールド・秋葉原編(第21話) | Start | ココロコネクト・第9話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/55558373

Folgende Weblogs beziehen sich auf アクセル・ワールド・第21話:

« 舞台探訪・アクセル・ワールド・秋葉原編(第21話) | Start | ココロコネクト・第9話 »