« 恋と選挙とチョコレート・第10話 | Start | ココロコネクト・第11話 »

アクセル・ワールド・第23話

能美との戦いに臨む為に春雪の部屋にやって来た拓武。そこには千百合も一緒に立っていた。千百合は能美から春雪・拓武の所に戻ったふりをしろと言われたと明かす。うーん、千百合の行動がよく分からんな。何故能美の所にいっていたのか、それが何故今このタイミングで事情を話しに来たのか。
参考資料

ともかく無制限中立フィールドに入って能美とのデュエルを待つ。出現した能美と全ポイントを賭けた戦いへ。いずれかのアバターが全損しプログラムが強制アンインストールされるまで終わらない戦い。

ダスク・テイカーに向かって行ったシルバー・クロウに地面から持ち上がった直方体が襲いかかり、シルバー・クロウはその場で動きを封じ込められる。これはトラップではなくて、能美が依頼した助っ人のもの。他のアバターの参加は不可能な筈じゃなかったのか。能美によるとチップを脳の最深部に迄及ばせた場合に、こう言う事が可能だと言うが、春雪や拓武は一発で納得したものの、こっちは全然納得出来ないぞ。加速世界だと通常の何倍もの時間が進むので、待ち伏せするには加速世界で何ヶ月も耐えないといけないのを逆に減速して加速世界での時間の経過を少なくする、だから耐えられたって事か。

シルバー・クロウが挟まれて身動きが出来ないうちに、ダスク・テイカーはシアン・パイルの方へ。30秒で片付けると。しかしシアン・パイルも前回迄の彼とは違う。パイル・ドライバーをシアン・ブレードに変え、剣と剣との戦いでダスク・テイカーに挑む。能美はリアルで僕に勝てなかったくせにとか言うが、あれはお前がズルしてたんだろうが。

案の定シアン・パイルの方が押し気味だが、ここで能美は拓武のトラウマを、喉を突いて来た。トラウマの件、春雪も知らなかったのによく調べ上げたな。いや、春雪は友達だからむしろ調べようともしなかったのか。でも調べて分かる様な所に情報が転がっているのもいかがなものか。あのバックドアを仕掛けた時に過去の情報を掴んだのか。

優勢のシアン・パイルに対してダスク・テイカーはライム・ベルを人質にする挙に出る。千百合に苦痛を与える事で拓武の戦意を削ぎ、ついには屈服させてしまった。シアン・パイルを切り刻み、そしてとどめを刺そうと言う時にシルバー・クロウが最後の力を振り絞って拘束を脱出した。

この場面、てっきり災禍の鎧が目覚めるのかと思った。しかし最後に力だった為にシルバー・クロウも地面に倒れる。シルバー・クロウが動けないのを確認してダスク・テイカーは改めてシアン・パイルにとどめを。

しかし、切り落とされたのはダスク・テイカーの腕。

ブラック・ロータス
キタ━━(゚∀゚)━━ !!

参考資料
きゃー、黒雪姫様、かっこいい!しびれる!
見よ、黒の王はレギオンのメンバーの為に沖縄から十何時間も駆けてやって来るのだ。

ブラック・ロータスの問いかけに今回の助っ人が答える。サークル「加速研究会」副会長のブラック・バイス。おい、余計な事をぺらぺら喋るなとダスク・テイカーに言ったお前がw
参考資料

ブラック・バイスはブラック・ロータスが抑える。シルバー・クロウはダスク・テイカーを倒せと黒雪姫様のご命令だ。

|

« 恋と選挙とチョコレート・第10話 | Start | ココロコネクト・第11話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/55666492

Folgende Weblogs beziehen sich auf アクセル・ワールド・第23話:

« 恋と選挙とチョコレート・第10話 | Start | ココロコネクト・第11話 »