« TARI TARI・第9話 | Start | 舞台探訪・夏色キセキ・下田周辺部編 »

氷菓・第19話

折角の成果物をそんな陽の当たる場所に飾るとあっと言う間に変色してしまうではないか。と言う様な場所に飾られた氷菓を見て、奉太郎ふと関谷純の葬儀はどうだったのかとえるに問う。とどこおりなく終わったと言う事で、えるは今度一緒に墓参りに行って欲しいと言う。
参考資料

墓場デートですか!

伯父の時もそうだが、奉太郎の推理力は凄いと言うえるに、そう言われるのは面白くない奉太郎がそれを否定。たまたまだと。

奉太郎は自分の主張が正しいと言う事を証明する為に、何か速攻で推理ネタを選んで、それを推理する事をえるに提案した。そしてそんな折りに校内アナウンスが流れる。

「10月31日 駅前の巧文堂で買い物をした心あたりのある者は 至急、職員室柴崎のところまで来なさい。」

声の調子からこれは叱責が待っていそうだなとは思ったが、その部分は考慮に入れないで奉太郎の推理が始まる。叱られるだろうとは推理するが、それは生徒が職員室に呼ばれる時はろくな事がない時だと「帰納的推理によってだ」と。口から出て来る「音」として「きのうてきにすいり」ってのは頭に入るまで1~2秒タイムラグが出来たなあ。真っ先に浮かんだのは「機能的」で、それじゃなくて「帰納的」だよと頭の中で書き換えられるのに。

帰納的な推理にはご不満のえるw
参考資料

こんな放課後でもあるにも拘わらず、明日の朝に放送をしないで呼び出し放送をした事、生徒指導の教師ではなく教頭が呼び出しをした事、昨日の事なのに「昨日」とは言わずに「10月31日」と言っている事。これらは火急の用件であり、しかも外部からの要請によるもの、おそらく警察などの要請によるものだろうと予想する。

では巧文堂と言うのは何だろうか。これはえるによると駅前の文房具屋さんで近くの小学校の生徒達がよく使うのでその手の品揃えの店だと言う。そんな場所で神高の生徒が何を買うと言うのか。でもなあ駅前の文房具屋だと近くの小学校の生徒向けの品が多いかも知れないが、そうじゃない物だって置いてるだろう。実際、夏コミの直前に証券用インクを切らした私は都心の画材店に行く時間が惜しくて(都心の画材店には必ずあるのは知っていていつもはそこで買う)ネットで近隣の駅の文房具屋を探して電話をかけて在庫を確認してそこに買いに行ったからなあ。

それはおいといて、そんな店で一体どんな事をしたら警察が連絡が入るのだろうか。奉太郎の推理は先輩とか自分より立場の強い人間から偽札を掴まされ、それを何とかしようとして文房具屋で安い品を買っておつりを貰ったものの、罪の意識にさいなまれて匿名で謝罪文を文房具屋に出したのだろう。だからそれを受けて警察が動き、その文面を見て教頭は昨日とは言わずに10月31日と言う放送を急ぎ行ったのだろうと。

これもちょっと突っ込みたくて、昨日偽札を使って一体いつその謝罪文を文房具屋に送りつけたんだ。当然郵送じゃ時間がかかる。自分が届けたとしても郵便受けに入れて文房具屋が気がつくのに若干の時間。それを見て警察に文房具屋が相談し、警察が動き出すのはこんなにも速いものなのか。

ともあれこれで一連の推理は終わった。おしなべて辻褄は合っている。
みよ、この充足感。
一体またどうしてこんな事を始めたのかすら忘れてしまう程にw
参考資料

翌日(じゃ早すぎる?)新聞に偽札犯逮捕の見出しが躍る。
適当な推理をした筈が、当たっていたではないか。
いや、後半はもう適当じゃなくなっていたのか。

|

« TARI TARI・第9話 | Start | 舞台探訪・夏色キセキ・下田周辺部編 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/55522050

Folgende Weblogs beziehen sich auf 氷菓・第19話:

« TARI TARI・第9話 | Start | 舞台探訪・夏色キセキ・下田周辺部編 »