« TARI TARI・第7話 | Start | ゆるゆり♪♪・第7話 »

氷菓・第17話

校内放送にえるが登場して可能な限りの古典部と氷菓の宣伝。しかしそれを聞いていた入須は苦虫を噛み潰した様な表情だ。入須は後からえると二人の時にその事を話す。先日人への頼み方を言ったが、あれはお前には向かん。お前は天然で行けと。話の構成要素がかなりきっちり詰められている「氷菓」だが(今回は特にそう)、このエピソードはえるのキャラクター付けの意味だけだったのだろうか。

ともあれ、えるの宣伝は抜群の効果を呼び、犯人摘発の協力の為にもみなさん古典部に来てねと言う事で古典部のコーナーはそれまでの閑散としていた状態が嘘の様に人で溢れる。その真ん中に「校了原稿」が置かれていて、いくらなんでも十文字はこれには手出しできないだろうと思われた。

ところがそんな時に里志の携帯が鳴って衆目は一瞬みなそちらへ。しかしこれが十文字の狙い所で次の瞬間「校了原稿」は煙を上げて燃え上がり、近くに落ちていた「氷菓」にはメッセージカードが挟まっていて「校了原稿は既に失われた」と。

失われた?今迄は無くなった(盗まれた)のを以て「失われた」だったが、原稿が台無しになるのも「失われた」になるのか。そんな疑問を持って見たのだが里志は早々とやられた宣言を出してしまい、古典部敗れると言う結果になる。
参考資料

だが奉太郎にとってそんな事はどうでも良かった。既に犯人を見つけていて、そして後から分かるが仕込んでいたのだから。古典部がやられる前、奉太郎は総務委員長の田名辺治郎を呼び出して「お前が犯人だ!」と名指ししていた。この謎解きで前回までに挙げられていた疑問が全て解決される。

何故「く」がスキップされていたのか。それこそが今回の十文字事件のターゲットだからだ。「く」は陸山宗芳生徒会長の「く」。そして失われたものは「クドリャフカの順番」。この事件はそもそもが「く」にメッセージを送る為のものだった。そしてそれは当事者にしか分からない。ターゲットとなったのは部活ではなくて、現場に残された「カンヤ祭の歩き方」のページに出ているものだ。だから生徒会長の陸山宗芳もターゲットの一つ。そしてそれが可能なのは総務委員の誰か。

「夕べには骸に」の著者「安心院鐸玻(あじむたくは)」とは三人の名前の頭文字を摂ったもので、脚本の安城春菜(あんじょうはるな)、作画の陸山宗芳(くがやまむねお)、そして背景の田名辺治郎(たなべじろう)。陸山は夕べには骸にを描いた後はクドリャフカの順番の脚本を見ずにもう絵を描かなかった。そんな陸山に田名辺はメッセージを伝えたかったのだ。ここでちょっと気になったのは「陸山、ポスター描いてるじゃん」と言う点だが、本の原稿を描かないと言う意味なんだろう。

田名辺は背景を描いただけあって絵を描く技量はあったのだろが、陸山はそれをもっと凌駕する絵を、しかもぽっと描いてしまった。そしてそれきり。田名辺、自分以上の才能を陸山が持っているくせにそれを使わない、そう言うのに嫉妬したのか。
参考資料

そして嫉妬の連鎖wは続く。摩耶花は河内「夕べには骸に」の原作者の話を聞く。やはりそれまでマンガに向き合った事のなかった安城春菜がいきなりあれだけの原作「夕べには骸に」の原作を書いた。あの本を途中まで読んだ河内はその凄さが分かってしまって途中で本を封印してしまったのだ。こいつもか。そしてそれはより効果的に演出される。「夕べには骸に」を探して見つからなかった摩耶花がそれじゃ代わりにと選んだのが「    」。しかし、それは一枚下と評価した、その作者が河内なのだ。名作を描いた、しかしそれとても「夕べには骸に」には及ばないそれを思い知った河内の安城への嫉妬があの本の封印の理由。それにしても何だよ、先輩の描いた本くらい最初から知っておけよ、摩耶花。河内の衝撃も分からんでも無いが、封印して嫉妬するのはもう2~3作負けてからにしろ。そんなに完膚無きまでに負けたと思ったのか。それにしても「ボディトーク」が一枚下と言う話はちゃんとここに活かされる要素だったんだな。
参考資料

河内の思いは別として、十文字事件の全容を解明し、あまつさえ「氷菓」を総務委員会に買い取らせた奉太郎の力量を見て里志が嫉妬。なんだかなー、今回は「期待」と言う言葉でくるんだが、その本質は「嫉妬」ばかりじゃないか。もっと友人の力をそのまま認める心を持てよ。ただ、下手に相当の技量を持つ人間はそれが自負となっているから、それを軽々ともっと上を行く人間を認めるのが難しいのかもね。田名辺しかり、河内しかり、里志しかり。

かくて十文字事件のおかげで古典部の氷菓は4冊を残して全て売れ(総務委員会が在庫を買い取ってはいるが)、それを4人でもう一冊買って200冊は完売。

ラムレーズン好き好き同盟に続いて古典部も完売。
完売、いいよね(遠い目

|

« TARI TARI・第7話 | Start | ゆるゆり♪♪・第7話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/55416694

Folgende Weblogs beziehen sich auf 氷菓・第17話:

« TARI TARI・第7話 | Start | ゆるゆり♪♪・第7話 »