« ココロコネクト・第4話 | Start | 氷菓・第15話 »

TARI TARI・第5話

Wirklich ?
Ich bin Ganbaret !

とうとうウィーンがメインの回がやって来た!
と思ったら和奏の回だったでござるの巻。

流石、合唱バドミントン部だけあって大智はバドミントンの試合に。あれ?もう優勝しちゃったの?と思ったら意気込みの横断幕だった。但しベスト8止まりでベスト4以上の全国大会は逃してしまったが。他にバドミントンをやる部員の居ない(あ、ウィーンは覚えようとしてるんだっけ)合唱バドミントン部でそこまで行けば大したものだが、紗羽の言う様にだったら何で白浜高校に来たのかと。どうも大智のあこがれのお姉様(晴香)が白浜高校のバドミントン部だったんじゃないかと言う雰囲気。

応援場面がぬるぬる動いたなあ。
参考資料

4人がそれなりに一緒に動いているのに和奏はひとり先に帰る。途中でボードを壊して怪我してしまったと言う紗羽の母親志保と遭遇。ボードを自転車に積んで送り届けたついでに志保は昔の写真を和奏に見せてくれた。志保と、和奏の母親のまひると、そしてあの教頭の高倉直子が一緒に写ってる写真を。えー、まひるが志保の1学年上で、教頭がまひるの同級生って、あの教頭はそんなに若いのか。或いは志保が恐ろしく若く見えるのか。もっともまひるの母親が亡くなったのも近年なので、回想を見ると教頭だけが老けて感じる。

母親との過去を思い出す和奏。白浜高校受験前はすっかりわがままな中学生だった。病院で入院していた時に一緒に歌を作りたいと言った母にもそんな暇無いと言い捨てたし。ああ、ああ、この後もどんどん回想で出てくるのだが、あの時どうしてああしてしまったのだろうと後悔先に立たずの和奏。一緒に歌を作っていれば良かった。でも本当にまひるは音楽が好きだったんだなあ。
参考資料

ところがどうした訳か和奏は自分の部屋にあるピアノをもう使わないからと誰かに譲渡したいと父親に言う。父親はちょっと驚くが特に反論もせずにそれを受け容れてしまった。あれがあると見る度に母親を思い出して和奏も辛い思いをするとでも考えたのだろうか。

翌日にはもうあのピアノの引き取り手が決まってもう取りに来るのか!と思ったが、ちょっと考えるとあの電話で父親が「遠野のおじさん」がぎっくり腰になったから土日は電話口の誰かに任せて週明けに手伝いに行くと話していたので、最低限三日は経ったんじゃないだろうか。だから和奏も段ボールに「要らない物」として片付ける時間があったのだろう。あの「イルカ」までも。
参考資料

その日は午後から荒天になりそうな天気予報。大智の打ち上げがあるとウィーンや紗羽・来夏に言われても早く帰って準備したい事があるからと帰宅する。確かにあの午後の天候で自転車で帰ったら大変だったとは思う。

そう言えば受験の日(面接の日?)も雨で合羽を着て出かけた。母親が準備していなかったのを詰ったばかりか、出がけに渡してくれたお守りをこんなのとか言って別れたのだった。だが、それが母親の元気な姿を見た最後。(恐らく)面接中に急の知らせが入って病院に向かった時はもう意識のない状態。行ってきますも、ごめんなさいも、ありがとうも、何もかも言えなかった。こんなに悔やまれる事があるだろうか。今になってピアノを処分したのはどうかと思うが、音楽科から普通科に転科したのは分からないでもないし、当初無理矢理来夏が和奏を合唱部に入れようとして強い拒絶反応をしたのはもっともな話だ。

そんな事が思い出される雨の夜、ドラは餌に手を付けず帰って来ないし、そう言えば父親は出かけたまま。そしてED後のあの不吉なCパートは何だ。まさか父親の圭介まで・・・?


和奏ちゃん、これ全部処分したのか・・・
Sound Field ~オーディオのまとめ~ 【I don't money】和奏さんのオーディオ環境が恵まれていると話題に【TARITARI】
総額で90万円とか。

|

« ココロコネクト・第4話 | Start | 氷菓・第15話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/55316061

Folgende Weblogs beziehen sich auf TARI TARI・第5話:

« ココロコネクト・第4話 | Start | 氷菓・第15話 »